Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

差別の歴史、変わっていく街…京都・崇仁地区で学生たちが集めた「思い出」

配信

FNNプライムオンライン

当時、「被差別部落」と呼ばれていた街

京都市中心部に位置する崇仁地区で始まった公営住宅の解体作業。 145世帯が入居し、60年以上この街の人の暮らしを刻み続けた団地は、京都市立芸術大学の建設に伴い、年内に取り壊される。 【画像】崇仁地区に設置する舟形のベンチ 団地の住人: やり始めたら早いですもんね、風呂もあんなんなっちゃって。うちの棟もあんななっちゃって。寂しいですね。 団地は、64年前、住民運動によって建てられた。 当時、「被差別部落」と呼ばれていた崇仁地区は、インフラ整備が著しく遅れていたため、団地は住民にとって「夢の住まい」だったという。 住人は、新しくできた公営住宅へ引っ越し、急ピッチで開発が進められていた。

変わりゆく街に、集まった学生たち

京都芸術大学3年 奥山愛菜さん: この辺のおうち、何回か通わせてもらって、廃材をもらったり、おしゃべりするのがすごく楽しかった思い出があります。 京都芸術大学に通う奥山愛菜さん。 去年、授業の一環で訪れて以来、住人たちと交流を続けている。 京都芸術大学3年 奥山愛菜さん: 建物が壊されていたり、行くたびに変化がある土地だということを行った時に、すごく感じ取って、最初はなんで自分が気になったのか分からなかったんですけど、よく考えてみたら自分の過去とつながっているなと思って。寂しかったし、覚えていない、大事なことがあったはずなのに忘れている。 実家は岡山県で代々スーパーマーケットを営んでいたが、小学校に入学するころに廃業。店や祖父母の家が取り壊されてしまった。 変わりゆく崇仁の町が、故郷と重なるという。 今年2月、奥山さんは作品の制作にとりかかっていた。作っているのは、崇仁地区に設置する舟形のベンチだ。 材料の多くは、住人たちの引っ越しで出た廃品だ。 京都芸術大学3年 奥山愛菜さん: これは、団地の方の水屋(食器棚)の引き出し。私水屋って言葉知らなかったんですけど、亡くなられた旦那さんと一緒に買ったと言ってて。 晩酌が大好きな住人が酒のアテを作るのに使っていた「まな板」や、大事な着物を入れていた「和ダンスの扉」。 京都芸術大学3年 奥山愛菜さん: 取り壊しになる建物とかそういう物の思い出や、傷がついていたりする生活の跡とかを形を変えて、使えるものとして街に置かれるようになればいいなと思ったので。

【関連記事】