Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

電気圧力鍋が料理しない夫を変えた<コロナ禍の家事分担>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

コロナ対策の在宅ワークのため、「自炊の負担が増えた」というのは、日本だけでなくアメリカでも同じ。 ワンオペ家事がラクに!使ってよかった家電&家事カード アメリカ・シアトルに家族3人で暮らすライターのNorikoさん。日本でも話題の「電気圧力鍋」を導入したことで、今までまったく料理をしなかった夫が家事に参加するようになったそう。家事分担の道のりを、詳しくレポートしてもらいました。

アメリカでも大人気の電気圧力鍋。簡単にほったらかし料理が完成!

●共働きリモート+子ども休校+外食不可でママが悲鳴 新型コロナウイルス感染防止のため、夫婦ともに3月中旬から自宅でのテレワークが続いています。小学校低学年の息子が通う公立学校も閉鎖となり、家族3人でずっと自宅にこもりきりのまま約3か月がたちました。 学校から山のように出る課題はまだ習っていないことも多く、小学校低学年の子どもが自学自習するには限度があります。親は家にいるとはいえ、普段と同じように仕事をしているわけで、先生役も引き受けて子どもの勉強を見てあげる余裕は正直ありません。 加えて、家族3人分の食事を1日3回+子どものおやつを毎日用意し続けるというのは、なかなかの負担。 近所の散歩は許されていますし、家にいること自体を窮屈には感じず、むしろ通勤や子どもの学校やお稽古の送迎がなくなり、貴重な時間をほかのことに使えるのは有意義とも言えます。 ただ、仕事に家事に子どもの勉強にとトリプルパンチで、そこまで自由な時間があるとは言えず、今までどおりの家事分担では納得がいかないのも事実。「夫には、せめて週末くらい食事をつくってほしい!」というのが本音でした。 夫はアメリカ人にしては珍しく、料理をまったくしようとしません。これまで、友人たちの夫が庭でバーベキューをしたり、凝ったオーブン料理をつくったりする姿を見ても、食事づくりを週半々で分担しているという共働き夫婦の話も聞いても、かたくなに料理を拒んできました。 しかし外食も満足にできないなか、たまりにたまったストレスが爆発寸前となっていた私の態度におののいたのか、夫がネットで注文して購入したのが、近年のアメリカで大人気となっている電気圧力鍋でした。

【関連記事】