Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1日10本限定! 高級食パン専門店『どんだけ自己中』の秋限定「自己中な“栗”ダンディズム」とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食楽web

 東京・荻窪に1号店を構える高級食パン専門店『どんだけ自己中』をご存知でしょうか。“自己中と思われても構わない”ほどこだわり抜いた食材で作る生食パンが人気のパン屋さんで、現在、東京の方南町、神奈川の溝の口、山梨の甲府市にも店舗を展開しています。 【関連画像】すべての写真を見る  そんな『どんだけ自己中』で、9月初旬より、秋限定の食パン「自己中な“栗”ダンディズム」が登場して話題を呼んでいるんです。

 厳選した小麦粉、無添加の生クリーム、国産バターを使用した生地は、一般的な食パンよりも水分量を増やして作っているので、耳までしっとり柔らかいのが特徴。主人公である栗は、フランスのアルデッシュ地方で、1世紀以上にわたりマロン製品を製造している老舗の高級マロンペーストを使用。  また、生地の中には、艶やかなマロングラッセもアクセントに加え、栗の香りと食感を生かして焼き上げられています。すべて手作業のため、仕込みから焼き上がりまではなんと約5時間! 1日10本限定ということもあり、現状、お昼を回る頃にはすでに売り切れてしまうそう。今年は栗が収穫できる年末頃までの販売予定だそうですが、絶対ゲットしたいという人は、開店と同時に行くのがよさそうです。  そして、この「自己中な“栗”ダンディズム」と一緒に買いたいのが、新作の「自己中なガトーキャラメリーゼ」。『どんだけ自己中』の定番商品「自己中な極み」を使った焼き菓子です。

 国産の生クリームやバター、京都産の蜂蜜を使ったきめ細やかな生食パンに、焦がしキャラメルのビター感を合わせた大人好みの一品です。外はカリッと、中はレア感たっぷりのジューシーな食感に仕上げています。こちらも1日30本限定となっていますので、ぜひお早めに。  ついたくさん買いすぎてしまって食べきれない場合も大丈夫。余った食パンは好みの厚さにスライスし、1枚ずつラップをして冷凍保存しておくだけでOK。余熱したトースターで数分焼けば香りも食感も、完全に焼きたてのような状態に復活しますよ。 ●DATA 高級食パン専門店 どんだけ自己中

【関連記事】