Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

再放送ドラマ『家族ゲーム』 「いわゆる“俳優”ではない」櫻井翔を“狂気と病んだ演技”に駆り立てたもの

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 松田優作、長渕剛、櫻井翔。  なにも共通項がないように思える3人だが、ある作品とキャラクターで彼らは繋がっている。その作品とキャラクターの名は『家族ゲーム』と家庭教師の吉本。さらに各自のキャリアにおいても、これらはなにかしらの大きな特異点、転換点、分岐点となっているのだ。 【画像】「甘いんだよ。いじめは続くぞ。お前が死ぬまでな」と語った吉本

櫻井は「これが“本職”といえるものはない」

 櫻井翔が吉本を演じたのが、2013年4月17日から6月19日にかけてフジテレビ系で放映されたテレビドラマ版。今年8月上旬から、再放送が始まっている。  近年は『news zero』のキャスターやNHK紅白歌合戦の司会、バラエティ番組でも存在感を放っている櫻井。2013年当時のインタビューでは「これが“本職”といえるものはないんじゃないかな、と思います。(中略)ドラマや映画は、今もお出かけするような感覚があります。いわゆる“俳優”ではない自分にとって、毎回毎回がチャレンジだし、気を付けていることは……ありすぎてわからないっていう感じですかね」(※1)と話していたが、ここでの彼は、まさに特異としかいいようのない演技を繰り出して、ひたすら観る者を圧倒してくれるのだ。  父の一茂(板尾創路)は大手メーカーに勤務、構えている家は豪華、長男の慎一(神木隆之介)は有名進学校の生徒と、誰もが羨むような沼田家。だが、中学生の次男・茂之(浦上晟周)の成績はクラスで下から5番目、その果てに引きこもりになってしまっていた。困り果てた母・佳代子(鈴木保奈美)はインターネットで“東大合格率100%の天才家庭教師!”を謳った広告を出している吉本荒野(櫻井翔)に救いを求める。

加害生徒には「もっとひどいいじめじゃないと」

 容姿は櫻井翔、受け答えも明朗快活である吉本にホッとする両親だが、ロボットの真似をしてまともに挨拶しようとしない茂之にいきなりビンタを喰らわせる。これを合図に彼の教育と指導が始まるわけだが、学校に行こうとせずに引きこもる茂之の部屋の窓を鉄板で塞ぎ、ドアを暗証番号付きの鋼鉄製のものに変えて音を上げるまで監禁、彼が学校でいじめられていたのを知るや加害生徒たちに「君たちのやり方は間違っている。もっとひどいじめじゃないと茂之君は屈しないよ」と叱咤、さらに茂之には生徒である以前に“犬”となって服従することを強いる。  また、茂之以外の家族の行動を監視してはことあるごとに写真を撮り、自分を怪しむ慎一には彼が万引きしている現場の写真を見せつけて黙らせ、一茂には浅海舞香(忽那汐里)という女性を使ったハニートラップを仕掛け、それを弱みにして操りまくる。

【関連記事】