Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10点を奪ったツエーゲン金沢U-18Bが大勝

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

  7月18日、石川県の金沢大SOLTILO Bなどで石川トップリーグトーナメントの1回戦が行われ、ツエーゲン金沢U-18Bと遊学館が対戦。32番橋田一徹の先制点を皮切りに10点を奪った金沢Bが大勝し、準決勝へと駒を進めた。 【フォトギャラリー】ツエーゲン金沢U-18 vs 遊学館  今大会は前後期のリーグ戦方式で開催予定だったトップリーグの代替大会として実施される大会で、石川県1部から4部リーグまで所属する8チームがトーナメント方式で順位を競う。試合数は当初の14試合から3試合へと減ったが、「今年初めての公式戦で、雰囲気も練習試合とは違う。応援してくれる人がたくさんいるだけで、気持ちが昂る」(27番小椋奏虎)と待ちわびた真剣勝負を楽しむ選手が多く見られた。  試合は序盤から慌ただしく動いた。「出だしは微妙な試合の入り方にならないよう相手を見てというよりは前にロングボールを入れていこうと話していた」(小椋)金沢U-18は、ボールを持ったら素早くサイドに展開し、遊学館を押し込んだ。前半6分には右サイドの38番中川豪からゴール前の橋田に展開。ドリブルでマークを剥がして放ったシュートがゴールネットに突き刺さった。「自分の武器はドリブル。二人剥がしてフリーでシュートを打てた時点で決まったと思った」(橋田)。

 9分は高い位置でのボール奪取から橋田から、30番河嵜響己へと繋ぎ、金沢Bがリードを広げた。11分にはハンドで許したPKを10番原佑輔に決められたが、「まだ2対1でシュートも打たれていない。気にしなくても良いと気持ちが切り替えられた」(小椋)と気落ちした様子は見られない。金沢Bが主導権を握りながら、緩急をつけた攻撃を繰り出し、遊学館を攻め続けると14分と45+2分に中川豪が2得点をマークし、4-1で試合を折り返した。  後半も金沢Bの勢いは衰えない。「点差が開こうが、(プリンスリーグ北信越で戦う)Aチームに上がりたいという気持ちを見せてくれた」(辻田真輝監督)。ボールを保持しながら、後方の選手が前方の選手を積極的に追い越していくアグレッシブな攻撃を披露。後半10分には、「ツエーゲン金沢に来て初めての公式戦でとても緊張していたけど、前の練習試合から継続して自分のプレーが出せた」と振り返るルーキーの17番平川稜が、中川のクロスを合わせて5点目。直後の13分には中川がハットトリックを達成する一撃を決めた。その後も4点を叩き込んだ金沢Bが10-1で試合を終え、新シーズンの船出を飾った。 (文・写真=森田将義)

【関連記事】