Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バレンシア主将パレホがF・トーレス慰留求める 「重要なプレーヤー」

配信

超WORLDサッカー!

バレンシアで主将を務めるスペイン代表MFダニエル・パレホが、U-21スペイン代表FWフェラン・トーレス(20)との契約延長をクラブに求めている。スペイン『superdeporte』が伝えている。 【動画】マッチプレビュー:バレンシア対アタランタ トップデビュー3年目で絶対的な主力に君臨するトーレスだが、バレンシアとの現行契約は2021年6月まで。クラブは継続的に延長交渉を行っているものの、話し合いは難航している。 さらに、バルセロナとレアル・マドリーというスペインの2強に加え、ユベントスやリバプールといった国外のビッグクラブもこぞって関心を寄せており、今夏の退団の可能性が取り沙汰されている。 スペインのテレビ番組『Partidazo』に出演したパレホは、トーレスの去就に関する質問を受けた際、「バレンシアにとって重要なプレーヤー」と、クラブにメスタージャの新たなアイドルの慰留を求めている。 「フェランは素晴らしい将来性を持っているバレンシアにとって重要な若手プレーヤーだ。素晴らしい才能を持っているし、すでにそれを証明している」 「彼の状況に関してはわからない。ただ、コロナウイルスが多くのクラブの財政に影響を与える可能性があるし、バレンシアには給与面の制限がある」 「僕らとしては彼が新しい契約にサインすることが重要だと思っている。だけど、決定権は僕らにはない。恐らく、数人が残り、数人は去ることになる」 「個人的には彼の残留を望んでいるよ。仮に、そうならなくても彼の幸運を祈るよ」

超WORLDサッカー!

【関連記事】