Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福原愛に勝利し全日本3位 加藤杏華の卓球人生変えた「ベトナムでの優勝」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

リオ五輪開催年の2016年、全日本卓球選手権で福原愛を下す金星を挙げ、ノーシードから一気に3位まで駆け上がった選手がいる。 【写真】主将である姉の背を追って 十六銀行・加藤杏華 十六銀行卓球部所属の加藤杏華(かとうきょうか・23歳)だ。 入社1年目の全日本5回戦で福原さんにゲームカウント0-3から大逆転勝利を収め、勢いそのままにベスト4まで駒を進めた。 岐阜商業高校2年でも全日本8強入りを果たしている加藤杏華は「高2での全日本ランクが実業団入りのきっかけ」と笑顔を見せながらも、卓球人生の最大の転機となったのは別の大会だと語る。加藤杏華があげたのは「高校1年のベトナムの大会での優勝」という意外な答えだった。

ベトナムの小さな大会で得た大きな自信

加藤杏華は、1つ上の姉・知秋と同時期に卓球を始め、追いかけるように岐阜商業高に進学した。高校1年時にはインターハイ団体戦でベスト4に入ったが、個人戦ではシングルスベスト16と納得いく結果を残せなかった。 「全中もインターハイも自分は個人戦で目立った成績がなかった。十六銀行は憧れでしたが、入れると思ってませんでした」と懐かしそうに思い返す。 高校1年の3月、全国から同世代の実力者が集う春季強化合宿のリーグ戦で結果を出し、夏のベトナム遠征に選出されたことで、加藤杏華の卓球人生が動き始める。 加藤杏華は、遠征先のベトナム・ホーチミンで開催された大会で、リン・イエ(現・シンガポール代表、トップおとめピンポンズ名古屋所属)を決勝で下し、優勝を飾ったのだ。 「ベトナムの大会で初めて個人戦で優勝することができました。そこが自分にとって大きなきっかけになりました。『自分もできるんだ』って」。ワールドツアーでもない小さな大会の優勝で大きな自信が芽生えた。 「今までは自分は実力が下だと思っていたから、勝ちたいと向かっていくしかなかった。でも、『私、こんなこともできるんだ』と思えてからは、勝っていこ!くらいの感じになりました。それがよかったのかもしれないです」。 自信を持ってどっしり構える戦い方を覚えた加藤杏華は、高校2年の全日本シングルスで見事ベスト8とランク入りし、大きな舞台で結果を残した。

【関連記事】

最終更新:
Rallys