Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【嵐】二宮和也スペシャルインタビュー!【BAILA × Jの鼓動】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

自分の感覚で自由に動き、さらりとなんでも器用に表現する男、嵐・二宮和也。想像力と思いやりをフル活用し、独自のスタンスで輝く理由に迫るインタビュー。 音楽もドラマもアイドルも! @BAILAおすすめエンタメ記事一覧

嵐・二宮和也

【にのみや かずなり】 ●1983年6月17日生まれ、東京都出身。A型。 1999年に嵐としてCDデビューを果たす。現在、「VS嵐」(フジテレビ系 木曜19時~)、「嵐にしやがれ」(日本テレビ系 土曜22時~)、「ニノさん」(日本テレビ系 日曜10時25分~)に出演中。ラジオ「BAY STORM」(bayfm 日曜22時~)でパーソナリティを務める。

絶妙な空気づくり、型を決めず、相手との呼吸で土台を固めていく

実在のカメラマン・浅田政志の人生を描いた映画『浅田家!』で、二宮さんは無茶でいいかげんで、自由奔放ながらどこか許せてしまう人間味あふれる主人公の政志を演じている。 「この作品の魅力は、浅田政志さんの人間力だと思ったので、それをどこまで嘘っぽくなく、説教くさくならずに出せるかがすべてでした。“この人だから助けたい”“この人だから一緒にいたい”“この人だからつらくても頑張っていこう”と思ってもらわらないと、物語が台なしになる」 「今回は(三重県の)津の方言があり、セリフの方言テープを聴いて耳で覚えました。イントネーションは難しかったけど、“難しいからできません”は通用しないから、やるしかない(笑)。それよりも自分がセリフをかんだりして、現場が止まってしまうほうが皆さんに迷惑がかかるので。特に、自分がそのセリフに対して理解が足りていなかったりすると、セリフがなかなか出てこなかったりする。それ以外なら早口でも問題ないし、それよりも相手との呼吸を合わせるほうが重要で、方言よりそのほうが難しいと思っています」 普段は撮られる側の二宮さんが、今作では撮る側へ。プロの写真家の苦労も心でぶつかって、心でこたえた。 「このために何か特別な準備はしませんでした。劇中の浅田家の写真は、浅田さんご自身が撮ってくださるというのが最初から決まっていたので。それでも、撮影の合間に現場にあったカメラをお借りして、いろいろ撮ったりはしていて。写真が多いほうが後々、何かの役に立つだろうと考えていたし、パンフレットとかに使ってもらえたら、それはそれで面白いかなと思ったんです。ただ、劇中で自分が撮った写真は一枚も使われていませんでしたが……(笑)」 「映画の打ち上げ会場で、僕が撮った写真と浅田さんが撮った写真が映像で一緒に流れたんですよ。プロとアマの違いを感じました(笑)。うまく説明はできないんですけど、何かが明らかに違ったんだよね」 「普段は撮ってもらう側だし、限られた時間、さまざまなテーマで撮影することが多いかな。何を求められているのか、自分らしさなのか、テーマに準じて応じています。衣装も、髪も整えてもらっているので、求められてるものを瞬時に探り、表現するようにしています」

【関連記事】