Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「皇統の危機、早い段階で考えて」河野大臣が訴えた“女系天皇容認論” 国民的議論はなぜ進まないのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「雅子さまや紀子さまを見て、皇室にお嫁入りしてくれる人が本当にいるだろうかという問題もあるし、結婚したはいいけど、男の子を産めっていうすごいプレッシャーがかかってくる」「男の子がいなくなるという可能性は、もう確率的にあるんだと思う。男の子がいなくなった時には、もうしょうがないから愛子さまから順番に、その女性の皇室のお子さまを天皇にしていくということを考えるというのが一つある」。 【映像】河野大臣が“女系天皇“容認論なぜ今言及?「国民の意見も考えて、もう一度真剣に早い段階で考えて」  23日、自身のYouTubeチャンネルで皇室の継承問題に言及、「男系での皇位継承が一番望ましい」としつつ、“女系天皇容認”のスタンスを示した河野太郎防衛大臣。

 現行の皇室典範では、皇位継承資格があるのは男系男子と定められている。つまり、皇嗣(皇位継承順位1位)の秋篠宮さま(54)、その長男で2位の悠仁さま(13)、そして上皇様の弟で3位の常陸宮さま(84)の3人だけなのが現実だ。  河野大臣はこのことを踏まえ、「例えば内親王が女性宮家として皇室に残られ、そのお子様が皇位を継承するというややり方、あるいは旧宮家の男子を宮家に復活させるのか、養子に入れるのか、二つの選択肢を考える必要がある」と指摘。25日の会見でも、改めて「なるべく早い段階で、この皇位継承問題を国民の皆さんに直面している皇統の危機としてご理解を頂いて、万が一の時にどうするのか考えていただくというのは必要なのではないか」と訴えたのだ。

■近重幸哉氏「今や国民の8割は女系天皇、女性天皇、女性宮家を容認」

 こうした議論は、これまでも繰り返し政府内で議論されてきた。小泉政権下の2005年には「皇室典範に関する有識者会議」が報告書で女性・女系天皇の容認に踏み込んだものの、翌年に悠仁さまが誕生されたことで議論が停滞。歴史上、“女性天皇”は推古天皇(33代)や持統天皇(41代)などの8人が存在しているものの、“女系天皇”はいなかったため反対の声も根強く、安倍政権では女系継承に慎重な姿勢を示してきた。  そんな中での閣僚かつ“ポスト安倍”の一人と目される人物の発言。各所で記者からの質問が相次ぎ、菅官房長官は「男系継承が古来例外なく維持されていることの重みなどを踏まえながら、慎重かつ丁寧に検討を行っていく必要があると思う」とコメントしている。

【関連記事】