Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リバプール撃破の立役者M・ジョレンテがあの夜を振り返る「これまでに経験した中で最も美しかった」

配信

超WORLDサッカー!

アトレティコ・マドリーのスペイン人MFマルコス・ジョレンテが、アンフィールドでの一戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えている。 【動画】レアル・マドリー時代のM・ジョレンテ M・ジョレンテは、新型コロナウイルス感染拡大による公式戦中断前の、3月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのリバプール戦で、延長に入り2ゴールを決め、昨季の王者リバプール撃破の立役者となっていた。 先週からトレーニング施設を利用したグループトレーニングを再開したM・ジョレンテはスペインのテレビ番組『バモス』の取材に答え、英雄となった日の夜を振り返った。 「検疫期間を終え、試合再開に向けて動き出す段階になったことをとても喜んでいる。僕はこの期間に何度かあの試合の写真を見ていた。信じられない試合だった。サッカーでこれまでに経験した中で最も美しい夜だった。このような夜には慣れていないよ」 また、ラ・リーガの再開や無観客試合について、選手の立場からの意見を述べている。 「僕たちが経験していることは正常ではない。長い間停止している。これは僕たちに大きな影響を与える。僕たちが努力すれば、すべてのチームがうまく事を運べるはずだ。ドイツでのケガの問題を見た。人々はリズムを取り戻すのに時間がかかることを理解する必要がある」 「アンフィールドの試合でサポーターがいなければ、僕たちはその存在が恋しくなったはずだ。サポートがなければ適応することは難しい。チョロ(ディエゴ・シメオネ監督の愛称)はいつも通りだ。彼も僕たちも適応する必要がある。僕たちは最大限トレーニングしていて、これからはグループでトレーニングしていき、試合に近づけていく」

超WORLDサッカー!

【関連記事】