Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「俺がもらう」長男の暴挙に妹絶句…兄妹絶縁させた母の遺産額

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

――あれから12年。「ハンコ代」を巡り姉妹が…

不動産をはじめとするお父さまの遺産は、お母さまと長男の良一さんがほぼすべて取得しました。ほかの3姉妹には、代償分割としてそれぞれ約1000万円ずつ「ハンコ代」が支払われました。 代償分割とは、相続人の1人、または数人が財産を取得する代わりに、他の相続人に金銭を支払う遺産分割方法のことです。金銭を受け取る代わりに「遺産分割協議書」にハンコを押すことから、このお金は通称「ハンコ代」と呼ばれています。 一般的には、「ハンコ代は相続財産全体の評価額や相続人の人数に左右される」と考えるのが普通でしょう。しかし、実態は必ずしも理屈どおりにいきません。それこそご家族の事情に応じて、ケース・バイ・ケースなのです。極端な話、「その場で数万円もらう代わりにハンコをついて終わり」ということもあれば、億を超える金額になることもあるでしょう。 良一さんのご家族のケースでは、自宅やアパート、株などをすべてお母さまと良一さんが取得しました。3姉妹はその代償として、約1000万円という金額に納得し、ハンコを押したのです。 「――あれから12年。母が亡くなった際の相続は、父のときと同じようにはいきませんでした……」 良一さんは、今回の二次相続の様子を話し始めました。 ■「ハンコ代」を期待する姉妹が長男と決裂 ――3姉妹を自宅に集めた良一は、おもむろに遺産分割について話しはじめた。 「これが母さんの遺(のこ)してくれた遺言だ。父さんは遺言を遺してくれなくて、大変な思いをしたから、自分のときはそうならないようにって、きちんと遺言を遺してくれたんだ」 良一は、3姉妹が見守るテーブルの上に遺言の入った封筒を置いた。封筒から出した遺言の表紙には「遺言公正証書」という文字が書かれ「正本」と赤字でハンコが押されていた。そして、公証役場の住所と公証人の名前が記されていた。 良一は慎重に封を切って遺言を開く。するとそこには、「財産の一切を長男の良一に相続させる」といった内容が、母の意思で記されていた。

【関連記事】