Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

川崎ブレイブサンダース、唯一無二のロールプレーヤー長谷川技「チーム内競争は感じなかった」

配信

バスケット・カウント

「昨シーズンは身体に染みつくほど練習できていた」

文=丸山素行 写真=B.LEAGUE 即戦力選手を獲得して臨んだ昨シーズン、川崎ブレイブサンダースは中地区優勝、天皇杯準優勝と素晴らしい成績を残した。チーム内競争が激しくなったことがレベルアップに繋がったように思えるが、長谷川技は「競争は感じなかったです」と意外な回答。だがそれは自信の裏返し。唯一無二のロールプレーヤーである長谷川に川崎の強さの秘密を聞いた。 ──自粛期間が終わり、チームも徐々に始動していると思います。現在はどのように過ごしていますか?  体育館が使えるようになって、密にならないように人数を制限しながらバスケのグループ、ウェイトのグループで分けて練習をしています。プレーヤーはつけていませんが、スタッフはマスクを付けていて大変そうです。 ──結果的に長期のオフとなりましたが、これまではどのように過ごしていますか?  自宅でできる範囲で自重のトレーニングやストレッチをして、ボールは全然触らずに休んでいた感じです。 普段のオフは毎年旅行に行っていますが、状況が状況なのであまり外も出歩かなかったです。子供と一緒に遊ぶ時間が増えて、それだけでもリフレッシュになりました。食事は美味しいところを探して取り寄せていました。美味しい食事が一番の楽しみでしたね。 ──では昨シーズンの話に移りますが、川崎は即戦力選手を獲得して新たなフェーズを迎えました。結果的に中地区優勝を果たし、強さを証明したシーズンとなりましたが、これまでとの違いは何でしょうか?  それはヘッドコーチがやりたいバスケットを僕たちが遂行できたというのが一番ですね。その中でディフェンスを一番意識していて、ディフェンスができていた時は自分でも本当に強いと思っていました。 ──どのチームも遂行力の話は出ると思います。特に今シーズンの遂行力が高かったのはなぜですか?  ディフェンスは意識の問題だと思います。ボールマンにプレッシャーをかけるといっても、これまでは一歩引いたりして守っていた気がします。でも昨シーズンは常にヘッドコーチからオールコートでプレッシャーをかけろと言われていました。そのディフェンスの練習量がしつこいくらい多くて、その結果がディフェンスで出たと思います。 去年まではそこまでそういった練習をしていなかったというか、それが今年ほど身体に染みついていなかったです。昨シーズンは身体に染みつくほど練習できていたので、ああいうチームディフェンスができていたんだと思います。 ──結果が出た以上、これからも辛い練習が続きそうですね。 今年も多分ヤバいです(笑)。

【関連記事】