Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今年のブレイク候補!? チャリティ試合で勝利した黄金世代・吉川桃のスウィングをプロが分析【連続写真あり】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

女子プロが多数出場したチャリティトーナメント「ISPS HANDA医療従事者応援!! チャリティレディーストーナメント」で優勝した吉川桃。ノーボギーの安定したプレーを見せたスウィングをプロゴルファー・中村修が撮りおろし写真で解説する。 吉川桃のドライバー連続写真

早い段階でフェースをボールに向けるから、曲がらない

2017年のプロテストに合格した98年生まれの22歳、黄金世代の一人です。昨年はステップアップツアー開幕戦「rashink×RE SYU RYU/RKBレディース」で初優勝し賞金ランクは8位で終えています。 クラブ契約を結ぶピンのツアー担当者によると「おっとりした性格だが根気よく練習を積み重ねられる強さを持っている」といいます。試合が少ない中で2日間12バーディノーボギーで勝利をつかむところは、普段からの準備ができていたことと、攻めるゴルフを貫けたからではないでしょうか。

スウィングを見てみると、オーソドックスなスクェアグリップで”ホバー”と呼ばれるクラブヘッドを浮かせて構えるタイプです(画像A)。安定感のある下半身に支えられた深いトップは、非常にバランスが取れています。

画像Bの左はトップから切り返してダウンスウィングに移行した直後ですが、左への踏み込みで切り返した直後に左手首がフラットになり、フェースが早い段階で閉じてきていることが見て取れます。右の画像では、左手首がフラットなままインパクトを迎えることでフェース面のコントロールがされ、方向性のよさを表しています。 しっかりと鍛えられた安定感のある下半身は、一年間戦える体力を身につける準備をしていることの表れだと思います。飛距離はそれほど出るタイプではないようですが、その伸び代はまだまだありそうですし、今季は飛躍のシーズンになるのではないでしょうか。 QT(予選会)ランク34位の資格で出場した今季初戦の「アース・モンダミンカップ」では予選落ちを喫しましたが、次戦の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」では攻めのゴルフで上位争いを期待したいですね。 撮影:姉崎正

プロゴルファー中村修

【関連記事】