Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

跳んでチャレンジ 一関・千厩 土曜塾 県立大生とダブルダッチ【岩手】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日日新聞社

 一関市千厩町の千厩市民センターが主催する学びの土曜塾「スポチャレキッズ」は6日、同センターなどで開かれ、千厩小学校の児童15人が大学生の指導でダブルダッチを体験するなどして交流した。  県立大のダブルダッチサークル「ROPEADOPE」のメンバー4人が訪問。児童にダブルダッチの魅力を伝えたほか、夏休みの宿題を教えた。  ダブルダッチは縄を2本使った縄跳びで、児童は回転する縄に引っ掛からずに跳ぼうと果敢に挑戦。慣れてくると、学生の指導で足を開閉しながら跳んだり、複数人で呼吸を合わせて跳んだりし、熱中症に気を付けながら爽やかな汗を流していた。  千葉花梨さん(5年)は「初めての体験で、前に跳んだり後ろに跳んだりする技が難しかった」、佐藤柚貴君(同)は「だんだん慣れてきたので、難しい技にも挑戦してみたい」と話し、新鮮な体験に目を輝かせていた。  児童は県地球温暖化防止活動推進員の指導で竹をカッターで削り「エコお箸」も製作。地元婦人会が調理した昼食のカレーライスを自作の箸で味わっていた。

【関連記事】