Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

志尊淳、柴咲コウ、水川あさみが監督初挑戦 映画製作プロジェクト会見で山田孝之が発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 俳優の志尊淳(25)、女優の柴咲コウ(39)、水川あさみ(37)らが、映画初監督を務めることが16日、明らかになった。この日、都内で開かれた映画製作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」の記者会見で、同プロジェクトのプロデューサーを務める俳優の山田孝之(36)が発表した。  同プロジェクトでは、プロ、アマを含む36人の映画監督が短編オムニバス映画を1本ずつ製作し、21年夏から全国公開する予定。志尊、柴咲らも5~15分という短編作品のメガホンを取る。  志尊は「自分が感じる心の内を作品を通してお伝えできたら」と意欲。柴咲は「『なんだかワクワクする』その想いだけを手がかりに、やったことのないことに挑戦してみるのも良いのかもしれない」、水川は「毎度、刺激と勇気をくれる山田孝之が誘ってくれるならチャレンジしてみようと、不安と期待が入り交じっております」とコメントを寄せた。  山田は来年公開予定の「ゾッキ」で監督デビューしており、今回も監督に挑戦するが、「映画作りは本当に大変だけど、監督の気持ちが分かれば、“映画愛”が高まると思う」と“新人監督”に期待を寄せた。同プロジェクトは今後、映画祭の開催も予定。山田やこの日登場した俳優の阿部進之介(38)らがプロデューサーを務めるという。

【関連記事】