Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】大谷翔平、二刀流復活へ奪三振ショー 開幕前最終登板で毎回6奪三振5安打無失点

配信

Full-Count

復帰3戦目となる紅白戦で5回6奪三振4四球、5安打無失点だった

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地で行われた変則ルールの紅白戦で先発し、5回を投げ、5安打無失点。毎回6三振を奪い、課題だった制球は4四球だった。この日が開幕前最後の調整登板。中6日を空けて開幕3戦目、26日(同27日)の敵地アスレチックス戦でメジャー復帰登板に臨む見込みだ。 【動画】開幕二刀流へ万全! エンゼルス大谷翔平が最終調整で若手有望株アデルから空振り三振に斬り捨てた実際映像  初回は先頭・ウォルシュから空振り三振。2死二塁からワードを投ゴロに打ち取った。2回はハーモシロの左前打、一塁牽制悪送球などで1死三塁としたものの、アデルを空振り三振、サイスを遊ゴロに仕留めた。3死を超えて対戦したブリセーニョには左前打を許した。  3回はウォルシュ、ハーモシロと2者連続三振。マーシュを二ゴロに抑えた。4回は2死からアデルを見逃し三振に仕留めて3者凡退。さらに、もう1人と対戦したサイスには四球を与えた。5回はウォルシュ、ハーモシロに連打を許したが、アダムスを三ゴロ併殺打。マーシュを空振り三振とした。続く打者2人には四球を与えた。5回で打者22人に対して73球(ストライク45球)。6奪三振4四球、5安打無失点だった。  大谷は674日ぶりに試合登板した7日(同8日)の紅白戦では打者延べ10人に対して7四球1安打1失点。13日(同14日)は3回1/3で1奪三振2安打1失点。復帰2戦目も4四球1死球と制球に課題を残していた。また、打者としては12日(同13日)の中越えへの実戦初アーチを含む13打数4安打の打率.308。開幕二刀流へ、上々の仕上がりを見せている。

盆子原浩二 / Koji Bonkobara

【関連記事】