Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高須光聖「“これ、いつ撮った?”が邪魔やねん」“新型コロナ”が、今後メディアに与える影響は?

配信

TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR『SPEAKEASY』。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”『TOKYO SPEAKEASY』。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 5月26日(火)のお客様は、ウルフルズのボーカル・トータス松本さんと放送作家の高須光聖さんです。

◆松本「ライブができない状況が続いている」

高須:(外出自粛の)この間も、ずっといろんな会議があって、リモートでやっているわけやけど、始めは“リモートでなんか会議になるか?”と思ったけど、これが意外とちゃんと会議できるのよね。 松本:もともと、これ(Zoom)って、会議用に開発されたんでしょう? 高須:そうなのよね。だから、よくできてんのよね。チャットもできるしさぁ。 松本:ねぇ。いまやこれを使って、お酒を飲んだりしているんでしょう? 高須:そうやね。飲んでないの? 松本:いや、やりましたよ。何回か。 高須:どんなメンバーでやるの? 松本:最初は、昔仕事でお世話になったクリエイティブチームと。 高須:ふーん! 松本:チームのなかに1人誕生日の奴がおったから、“誕生日会をやろう”って話になって。あとは、事務所の古い仲間とやったりとか。 高須:やっぱり、人恋しくなるから、そういうのやってしまうよね。 松本:そうなんですよね。実際、ガチの会議は1回しかしたことないから、僕は、はかどるかどうかはわからへんけど、でもすごいなぁ。テレビは再放送とかもやりましたけど、止まらずに行きましたねぇ。僕らの仕事は、ライブとか大体が止まってもうて。 高須:だから、ミュージシャンって本当に一瞬で仕事がなくなるな、と思って。“箱(ライブハウス)がなくなる”ってそういうことやんな。 松本:うん。だから、1番最初にほら、ライブハウスが止まってから、ライブがなくなったじゃないですか。あそこから、ライブができない状況が2ヵ月以上続いている。 高須:だから、俺とは“コロナの捉え方”がちょっと違うなぁ、と思って。要は、小さいライブハウスでやっている人たちも、とんでもないでかい箱でやっている人たちも、みんな止まるわけやんか、等しく。 松本:そうですね。 高須:そのあいだ、何もできないわけでしょう? イベンターも、そこを束ねていた中間の企業とかも、すごいマイナスじゃん? 松本:そう。だから、照明チームとか音響チームとか舞台チームとかは、僕ら以上に打撃ですよね。 高須:だから、何の仕事をしているかによって、今回のコロナの捉え方が全員違うのよね、十人十色というか。みんな“コロナ怖い”っていうけど、これが、同じ怖さじゃなかったりするじゃない。それが、すごいなって思って。“コロナ”っていう目に見えへんウイルスに、怯えながら何となくこの1ヵ月半を食事を作ったりしながら、1日1日を粛々と過ごしてきたけど、コロナの捉え方が、全員違うというのは、すごいなと思って。 松本:次のステップへ向かおうとしているんやけど、なかなかね……。

【関連記事】