Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ガチバトル! トヨタ ヤリスクロス vs 日産 キックスe-POWER 激戦コンパクトSUVの人気筆頭2台を比較

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

激戦コンパクトSUV界の中でも特に注目の2台

トヨタから2020年秋にデビューする「ヤリスクロス」をライバル「日産 キックス e-POWER」を徹底比較! 激戦コンパクトSUV界の中でも特に注目の2台をご紹介します。 ■激戦コンパクトSUVの人気2モデル! トヨタ ヤリスクロス vs 日産 キックスを画像でもっと見る 画像と共に、サクッと見比べちゃいましょう!

▼ヤリスクロスとキックスの詳細は関連記事リンクをご覧ください▼

トヨタヤリスクロス(2020年秋発売予定)

2月に発売されたコンパクトカー「ヤリス」のTNGA GA-Bプラットフォームをベースに誕生した、コンパクトSUVのヤリスクロス。正式な発売は2020年秋の予定ですが、早くもプロトタイプモデルが公開されています。 ヤリスの優れた走行性能や低燃費技術を受け継ぎつつ、SUVらしいアクティブなボディデザインを与えられたヤリスクロスは、RAV4の弟分といった雰囲気。ヤリスではちょっと小さいと感じるユーザーをターゲットに、室内の広さや使い勝手の良さにも配慮しています。 パワートレインは、直3 1.5リッター ダイナミックフォースエンジンと、同ハイブリッドの2機種。それぞれFFと4WD(ハイブリッドはE-Four)が用意される予定です。

日産 キックス e-POWER(2020年6月デビュー)

およそ10年前に初代ジュークでコンパクトSUVの市場を開拓した日産が、2020年6月に導入した「キックス」。 グレード設定は内装色等が異なるFFモデル2つのみ、パワートレインはe-POWER(直3 1.2リッター+ハイブリッド)のみと割り切られ、運転支援技術「プロパイロット」も全車標準採用と、最初から全部載せな状態なのが特徴。ノーマルのガソリンエンジン車などは今のところ設定はありません。

室内の広さや質感の違いを比較する

■ヤリスクロスのインテリア ボディサイズは全長4180mm×全幅1765mm×全高1560mm、ホイールベース2560mm(社内測定値)。コンパクトカーのヤリスに対し、全長を240mm拡大。全幅で70mm、全高で60mm、ホイールベースで10mmとそのほかは最小限の拡大に留めていて、あまり大き過ぎないのもひとつの特徴になります。 ■キックスのインテリア キックス e-POWERのボディサイズは、全長4290mm×全幅1765mm×全高1610mm、ホイールベース2620mm。ヤリスクロスに比べると全長110mm、全高で50mm大きく、ホイールベースは60mm長いです。 微妙な差ですが、その分、若干ヤリスクロスよりも室内空間に余裕があります。後席を多用するユーザーにはキックスのほうが向いているかもしれません。

2020年秋のヤリスクロス正式発売が楽しみ

日産 キックス e-POWERの価格は、X(FF)が275万9000円、X ツートーンインテリアエディション(FF)が286万9900円(共に消費税込)。ちょっとお高めですが、その分全部載せなので迷うこともありません。ヤリスクロスの価格はまだ正式発表されていませんが、おそらくキックスよりも安く設定されるはず。2020年秋の発売が楽しみですね。 [筆者:MOTA編集部]

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA