Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田裕貴、壇上でメロン熊に襲われるもニッコリ「30代のスタート」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENCOUNT

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」のオープニングセレモニーが開催

 俳優の山田裕貴が18日、都内で行われた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」のオープニングセレモニーに出席した。 【写真】「ゆうばり映画祭」の司会を務めた笠井アナがまさかの「スッキリ」に登場  今年で開催30回目を迎える同映画祭。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンラインでの開催となり、都内のホールと夕張を中継で結びながら開会式が行われた。セレモニーにはさらなる活躍が期待される人物に贈られる「ニューウェーブアワード」を受賞した杉原輝昭監督、山田、奈緒が登壇した。  受賞あいさつでマイクの前に立った山田は「決して主演作が多い俳優ではない」と謙遜しながらも、「コツコツ積み上げてきたものをこうして誰かが見ていてくれた。コツコツ波を起こし続けて、俳優として何かを届けられる存在になっていきたい」とさらなる飛躍を誓っていた。  この日、30歳の誕生日を迎えた山田。壇上で、マスコットキャラクターの「メロン熊」にサプライズで祝福され、「今日という日が30代のスタートになる。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭も30年目、僕は30歳でものすごくご縁を感じる」とニッコリ。それでも、「誕生日ということで気を遣って僕を選んでくださったのかなと。でも運営の人に聞いてみたら、『誕生日だったんですか?』と言われた。しっかり、俳優として認めていただいての受賞だということは確認がとれました」とぼけて見せ、会場を笑わせていた。 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」は18日から22日まで5日間、オンラインで行われる。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT