Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

転職にまつわる不安の対処法!転職は不安で当たり前

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

転職を考えている人は少なからず不安があるでしょう。そこでこの記事では、転職活動前の不安と対処法を紹介します。さらに転職活動が始まってから、また転職先が決まった後にも不安はつきものです。そこで転職活動中と転職先が決まった後の不安と対処法もお伝えします。

転職活動前の不安と対処法

自分に合った職場に転職ができるかの不安とその対処法 転職活動前に自分に合った職場に転職にできるか不安な人も多いでしょう。この不安の対処法としては、自分の転職理由や転職先に求める条件を明確にすることです。 転職理由をはっきりさせれば、自ずと転職先に求めるものは見えてきます。例えば、人間関係が上手くいかなくて転職したいという場合は、転職先に求めるのは円滑な人間関係や働きやすい雰囲気です。 その場合、人間関係の何がうまくいかないか分析することが大切です。人間関係はどこでもつきものです。ハラスメントやいじめなら上司やハラスメント窓口、または労働局の相談窓口に相談するのもよいでしょう あるいは仕事内容に不満はないわけですので、同業他社で雰囲気の良い職場を探すこともできます。 また仕事内容が合わなくて転職したい場合は、自分の強みやスキルを見直す必要があります。その上で他業種に転職する方法もあるでしょう。 転職を繰り返してしまうのではという不安とその対処法 転職活動前の不安として、転職を繰り返してしまうのではという不安もあります。確かに転職先が合わないといって転職先を繰り返す人がいます。そのような人の特徴は、人生設計をしっかりしていないことです。 例えば、転職理由をはっきりさせて転職先に求めるものを明確にしても、全て理想通りの職場に転職できる確率は低いでしょう。どの職場にも少なからず問題があります。その度に転職を繰り返すと、安定した生活を送ることが難しいでしょう。 そうならないために人生設計をしっかりと持つことは大切です。自分が何歳までには職場でどのくらいの立場で仕事をしたいのか、給料はどれくらい必要なのかを考えます。何歳までに家庭をもちたいのか含めて考えましょう。 このように人生設計をしっかりするなら、時には忍耐も必要であることも理解できます。もちろん本当に職場環境や職務内容が合わない場合、さらに高収入やスキルアップがのぞめる場合は転職するのも良いでしょう。 新しい人間関係に馴染めるかの不安と対処法 新しい人間関係は多くの人にとって不安であり、そう考えるのは特別ではありません。その場合、職場の雰囲気を確かめることができることを覚えておきましょう。 接客が伴うような職種であれば、お客さんとして訪問して雰囲気を確かめることができます。そうでない職場は、転職面接の時に確かめられる可能性があるでしょう。 また転職エージェントを利用するならば、スカウトやキャリアアドバイザーから職場の雰囲気の情報を得られます。職場の雰囲気が気になる人には、転職エージェントを利用するのもおすすめです。

【関連記事】