Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナウイルスで人気車種も変化。2020年上期・新車販売台数ランキング!【乗用車・小型車編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Park blog

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)は、2020年1~6月における車名別新車販売台数(軽自動車を除く)を発表した。新型コロナウイルスの影響により、乗用車・小型車の総販売台数は前年比80.1%と減少。車種別にみると、1位が「トヨタ・ライズ」で、昨年上期トップだった「トヨタ・プリウス」は9位となるなど、売れた車種も大きく変化した。 【図説】ランキング発表! 2020年上期で最も売れた車はどれ?

2020年の新車販売台数は前年比80.1%の大幅減

 2020年1~6月における新車売台数(軽自動車を除く)は、普通乗用車と小型乗用車の合計が119万8424台(前年比80.1%)と、大幅に減少した。  これは新型コロナウイルスの感染拡大による影響が大きい。昨年上期の新車販売台数は、普通乗用車(一昨年比102.5%)で増加していて、小型乗用車(一昨年比96.2%)では僅かに減少したことにより全体で微減となっていた。しかし、本年上期は様相が一変し、普通乗用車(前年比74.6%)、小型乗用車(前年比88.8%)ともに大幅に減少したのだ。  2020年上期の新車販売台数を月別にみると、1~3月までは前年比約90%で推移。しかし、緊急事態宣言の発出された4月になると一気に前年比72.5%へと減少。さらに、飲食店などへの休業要請や県をまたぐ移動の自粛期間中であった5月の販売台数は、前年比58.2%とさらに大きく減少した。  新型コロナによって世界規模で経済活動が停止したことの影響は、一般的にリーマン・ショックをも上回るといわれている。これは個人の消費行動にも大きな影響を与えており、一時は各自動車メーカーの製造ラインもストップしたほどだ。自動車産業は就業人口も多く、経済への影響も大きいため、一刻も早い回復が望まれる。

2020年上期・メーカー別新車販売台数ランキング

 次にメーカー別の新車販売台数を見てみよう。1位はトヨタで68万5802台(前年比85.6%)。2位はホンダで14万5975台(前年比73.8%)とどちらも前年より販売台数を落とした。昨年2位の日産は3位に転落。販売台数も13万2981台(前年比64.8%)とトップ3の中で最も減少している。  唯一販売台数を伸ばしたのはダイハツで3万894台(前年比146.8%)。これは昨年発売された新型SUVダイハツ・ロッキーの販売好調によるものだ。  残る各社はいずれも減少しているが、マツダ(前年比86.7%)が最も減少幅が少なく、三菱(前年比53.6%)が最も減少幅が大きかった。マツダは、昨年秋に発売したマツダ・CX-3とMAZDA2の好調によって、新型コロナの影響の中でも善戦と言える結果を残した。

【関連記事】