Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ギンズバーグ最高判事死去】アメリカでもっとも尊敬された女性RBGの生涯

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

米連邦最高裁判所は9月18日、ルース・ギンズバーグ最高裁判事が膵臓がんによる合併症のため亡くなったと発表した。87歳だった。アメリカで歴代2人目の女性判事で、リベラル派や女性、若者たちから絶大な支持を集める人物だった。 【全画像をみる】【ギンズバーグ最高判事死去】アメリカでもっとも尊敬された女性RBGの生涯 Business Insider Japanは、多くの人々から尊敬を集めたギンズバーグ判事の生涯を描いた記事(2019年4月6日公開)を再掲します。 2018年アメリカで公開され、大変話題になった2本の映画が日本でも公開される。 日本の女性たちも、これらの映画を見たら大いに刺激を受けるだろうし、男性たちが驚くであろう逸話もでてくるので、ぜひ紹介したい。 1本は「ビリーブ 未来への大逆転」(原題:「On the Basis of Sex」)は日本でもすでに3月下旬に公開されており、ドキュメンタリー作品「RBG 最強の85才」(原題:「RBG」)は5月10日公開予定だ。 いずれも今年86歳を迎えた、現・アメリカ最高裁の判事の1人であるルース・ベイダー・ギンズバーグの人生を主題にしたもの。RBGは彼女の名前の頭文字をとった愛称だ。 ギンズバーグは25年以上、米最高裁で判事を務めている。アメリカでは歴代2人目の女性判事で、現在最高齢判事でもある。彼女の道徳的な高潔さ、少数派意見を述べるときの理路整然とした冷静なタフさは有名で、政治的にリベラルな層や、女性、法曹界、若者たち等から絶大な尊敬を集めている。 「アメリカ人が尊敬する女性ランキング」では必ず上位に名前が挙がる。

講演会は長蛇の列、スター並みの人気

インターネットで、「RBG」と入れてサーチすると、彼女に関する数々の本はもちろん、Tシャツ、マグカップ、ポスター、「RBGのエクササイズ方法」というビデオ、膨大な数のインタビューなどが出てくる。 彼女の講演会には毎度長蛇の列ができ、「ロックスター」状態、彼女自身も「私は80歳を過ぎたおばあちゃんなのに、みんな私と一緒に写真を撮りたがるんですよね…」などと言っている。 3月15日の彼女の誕生日にはSNSやメディアで彼女についての特集が組まれた。「ビリーブ」はそんな彼女がハーバードの法科大学院生時代から、若き法律家としてどう闘ってきたのか、また彼女を支える夫との夫婦愛を描いた映画だ。アメリカでは2018年12月25日に公開された。 アメリカでは、毎年12月25日には話題の映画が公開される。公開前夜の24日にチケットを予約しようと思ったら、ニューヨークの私の家の近所の映画館では、ほとんどの回が既に売り切れだった。仕方なく、クリスマスの朝10時に映画館に行くと満員御礼。おそらくほとんど全員がリベラルな政治的信条をもつ、ギンズバーグの信奉者だったと思う(彼女は辛辣なトランプ大統領批判でも知られる)。 彼女のキャリアを決定づけるようなキメの一言やストーリー展開が起こるたびに拍手や歓声が湧くという、大盛り上がりの上映であった。 ドキュメンタリー映画「RBG」は、アメリカで2018年5月に公開された。この作品は、惜しくも受賞は逃したが、オスカーの最優秀長編ドキュメンタリー賞の候補にもなった。内容の濃さもさることながら、2人の監督、7人のプロデューサー、撮影監督、作曲家はじめ、制作のリーダーを全て女性が務めた(ハリウッドでは未だにまれ)ということでも話題になった。 1930年代生まれの、小柄で華奢なおばあちゃんにしか見えない彼女が、何故「スーパーウーマン」と呼ばれ、若い世代をインスパイアし続け、ここまで話題になるのだろうか。

【関連記事】