Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目を浴びるオランダの性教育。定番教育プログラム「春のソワソワ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

アップデートが必要な性教育

出し抜けに失礼ながら、あなたが学校で受けた「性教育」はどんな感じだっただろうか? みなさんの多くは四十路の筆者より若干お若いと思うのだが、それでもおそらく筆者が受けたそれと同様に、それぞれの性の生殖機能のしくみと、性感染症や妊娠のリスクを教わって、だから結果に責任を持てる年齢になるまで性的な行動は慎みましょう、と丸く収まっていたのではないかと思う。それは1990年代に開始された、生殖機能とHIV・性感染症への理解を中心に構成される文部科学省の学習指導要領に基づく性教育だ。 その学習指導要綱にも繰り返し「保護者の理解を得ること」が留意されているが、2018年の東京都足立区の中学校における「具体的な」性教育が都や保護者からの激しいバッシングにあったケースを例に取るまでもなく、とかく性教育は「『寝た子を起こす』のでは」という声と背中合わせだ。世界の各地域で性教育の実施はむしろ若年層の初体験年齢を引き上げるという結果が出ていようが、現場としては上記のような「無難な」性教育以上のことはし難い風潮が続いている。 肝心の効果だが、事実高校生の性交経験率は2000年周辺をピークに近年減少傾向にある(最新の2017年のデータでは、高3時点で経験率男子約28%、女子約18%)。 が、その結果は教育の成果というよりも、我が国における人間関係の希薄化や若者の社会性の低下が背景にあるとされており、ひいては少子化や晩婚化との関連で「手放しで歓迎はできない」という評価を得ているようだ。 よくアジア系の欧米人が「アジア人の親は、子どもが学生の時は厳しく異性との交際を禁止しておいて、社会人になったとたんにプロセスを全部飛ばして『孫はまだか』とプレッシャーをかけてくる」というステレオタイプをジョークにするが、少子化が進んだ社会では笑えない冗談だろう。 一方でインターネットと自分専用のデバイスを誰もが手にするライフスタイルが定着したことで、性的なコンテンツを子どもたちの目から遠ざけておくことが実質的に不可能となり、真偽の判断がつかない子どもがオンラインで間違った性知識を覚えてしまうことも問題になっている。 様々な意味で、1990年代モデルの「詳しい部分はまだ知らなくていいから」「とりあえずセックスはダメ、ゼッタイ」ベースの性教育はアップデートの必要に迫られているといっていいだろう。

【関連記事】