Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

’20カワサキ新型1000cc×2台を跨ぎ比べ【ニンジャ1000SX|Z H2】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

価格に見合った充実の装備で揃い踏み

’20年のカワサキは、スポーツ性能と扱いやすさを高次元にバランスさせたニンジャ1000が第4世代に突入し「SX」に。一方、スーパーチャージドエンジンを搭載し、Zシリーズの新たなフラッグシップとして「Z H2」が登場。話題の2台を跨り比べた印象をお届けする。 【関連写真×15枚】’20カワサキ新型1000cc×2台を跨ぎ比べ〈ニンジャ1000SX|Z H2〉

ニンジャ1000SX:電脳オールイン進化が150万円斬り!

スポーツ性能と扱いやすさを高次元にバランスさせたニンジャ1000が、いよいよ第4世代に突入! ネーミングも「ニンジャ1000SX」となり、熟成度を高めた。最大のトピックは電脳化が進化したことで、電子制御スロットルの装備によってより細やかな制御を実現。クルーズコントロールやアップ/ダウン対応のクイックシフターなど、ツーリングで疲労軽減に貢献する装備は魅力的だ。今回は実車に触れることができたのだが、車体のサイズ感は従来モデルを継承したもので取り回ししやすく、ライディングポジションも快適。カラー液晶のメーターは質感が高く、スマホと連携してロギングできる機能など、今風なバイクライフを楽しめそうだ。 ――【’20 KAWASAKI Ninja1000SX】■全長2100 軸距1440 シート高820(各mm) ■236kg(装備) ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 141ps/10000rpm 11.3kg-m/8000rpm 燃料タンク容量19L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●色:黒×灰×緑 緑×灰 白×灰 ●価格:148万5000円 ――セパハンながらアップライトなポジションは、長距離でも快適なライディングができそう。8mm低いローシートや15mm高いコンフォートシートが用意されるので、足着きは微調整できる。熟成されたモデルだけに完成度が高い。(身長165cm/体重62kg) ――アップ/ダウンに両対応するクイックシフターを新装備。クラッチワークが減って疲労が軽減できる。 ――マフラーは集合タイプになり、約2kgの軽量化を達成。ルックス的にもスポーティな外観に仕上がった。 ――4.3インチフルデジタルTFTカラー液晶のメーターは、2種類の表示モードと黒/白の背景色が選択可能。 ――全周発熱タイプのグリップヒーターを標準装備。クルーズコントロールやETC2.0など、欲しい装備が満載だ。 ――4段階に角度調整できるウインドシールド。操作は簡単で、状況に応じて素早く設定できる。

【関連記事】