Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

CB750、DT-1、マッハなど絶版名車が大暴れ! 梅宮辰夫主演『不良番長』 はバイク好き必見の隠れ名作だった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
モーサイ

2019年暮れに惜しまれつつもこの世を去った昭和銀幕の大スター、梅宮辰夫さん。東映ニューフェイスとして銀幕デビューを果たして以降は、アクション映画や『仁義なき戦い』をはじめとする任侠映画にも数多く出演。晩年はテレビのバラエティ番組でも独特のキャラクターでお馴染みの存在でした。そんな梅宮さんが60年代後半から70年代初頭にかけて主演を務めていたアクション映画『不良番長』シリーズをご存知でしょうか? 【画像ギャラリー13点】CB、マッハなど梅宮辰夫さんクラスの存在感!劇中車の例10車種を見る おっと、モーサイWEBでなぜ突然そんな映画の話を?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。じつは『不良番長』は、シリーズを通して当時のバイクが大暴れするアクション映画なのです!

記念すべき第1作目は、東映が1968年に10月に公開した『不良番長』。以降は翌1969年に公開された第2作目『不良番長 猪の鹿お蝶』 からシリーズ最終作となる1972年の『不良番長 骨までしゃぶれ』まで、わずか4年間でシリーズ16作が製作されたという人気ぶり。 1年に3~5作が公開されるという今では信じられないようなペースですが、当時の映画公開情報を確認してみると、お正月に合わせて公開されたこともあったようで、人気スターが主演する娯楽映画として当時ではかなり人気があったということでしょうね。 そんな『不良番長』シリーズですが、全作品ではないものの、現在ではネット配信サービス「Amazonプライム」を使えば気軽に見ることができます!(筆者も改めて視聴してしまいました)──というわけで、バイク好き目線で作品に登場する各車について紹介していきたいと思います。

シリーズ第1作『不良番長』ではCB450K1、CB72、AC50などが登場

1968年公開の『不良番長』。これが以降に続く不良番長シリーズのすべての始まりです。新宿を根城にする愚連隊「カポネ団」を率いる神坂を演じるのが辰兄ぃこと梅宮辰夫。バイクに乗って我が物顔で新宿を徘徊しながら、女の子にちょっかいを出したり、セコイ方法で小銭を稼いだり……愚連隊とは言いますが実際には街の小悪党といった雰囲気。 神坂の周囲には彼を慕う仲間たちがいて、彼らもバイク乗りでいつも一緒に悪さをしています。そんなカポネ団は大金を稼ぐためにせっせとシノギに精を出すのですが、いつしかヤクザ組織との大規模な抗争に発展してしまう……と、不良番長シリーズは全作このパターンで進行します(笑)。 さて、この『不良番長』のオープニングは湘南がロケ地。国道134号から江ノ島へ向かう江ノ島弁天橋や湘南のビーチを爆走するシーンが楽しめます。辰兄ぃ演じる神坂の愛車はホンダCB450K1ですが、大排気量車(当時の)はこのK1だけで、仲間たちはホンダCB72やスズキ・スクランブラーAC50などを乗り回しています。

【関連記事】