Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【スプリンターズS予想】今の馬場は「時計がかかる」「差し届く」 レッドアンシェルが戴冠へ絶好のチャンス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

先週末は良馬場に近い稍重

10月に入り、いよいよ秋のGIシリーズが開幕。その幕開けとして中山競馬場で行われるのがスプリンターズS(GI・芝1200m)だ。今秋の中山開催は、近年稀に見るタフな馬場となっているのに加え、今週が開催最終週となるだけに、馬場傾向をしっかりと見極める必要があるだろう。 【スプリンターズステークス 2020予想】グランアレグリア、ダノンスマッシュが登場!本命は中山連対率100%のアノ馬(京大RC編) 今週も先週末のクッション値と馬場傾向を分析したうえで、予想を行なっていく。 連日雨が降り、先週木曜日には10.0mm、金曜日には12.5mmとまとまった雨量を計測した中山競馬場。金曜日に発表されたクッション値は9.2と今開催を通じて最も低い数値となっていた。その後、土曜日に3.0mmの雨が降ったものの、馬場に影響を与えるほどのものではなく、土曜日のクッション値は9.7、日曜日も同じく9.7。 この9.7という数値は、9月21日のセントライト記念当日と同じ数値ではあるが、21日は良馬場だったのに対し、先週末は稍重発表だった。このことからも、馬場発表は稍重だったが、比較的良馬場に近い状態だったと考えられる。 中山芝勝ちタイムと上がり そこで、良馬場で行われた先々週と稍重だった先週の1200mにおける勝ちタイムと1着馬の上がりを比較してみると、2歳未勝利戦では先々週のレースが1:10.4、上がり35.8、先週は1:10.2、上がり35.9。3歳以上1勝クラスの1200m戦を比較しても先々週が1:09.6、上がり34.7、先週は1:09.2、上がり34.8とほぼ同じタイムでの決着だった。 中山芝位置取り 脚質面では、先週土曜日の1200mの2歳未勝利戦とカンナSこそ逃げ切りが決まったものの、全体的には差し馬の活躍が目立っていた。中でも日曜日は4レースで馬券に絡んだ12頭中7頭が4角7番手以下と、その傾向がより顕著であった。先述した先々週に行われた1200m戦の比較対象レースの勝ち馬の通過順位は、2歳未勝利戦が9-9、3歳以上1勝クラスが7-5というように、先々週の時点から差しが決まりつつあったので、今週末も差し馬が台頭可能な馬場状態は続きそうだ。 週中は木曜日に雨が降ったものの、週末にかけては雨の心配がなさそうで、先週より硬い馬場状態となるだろう。それでも例年より時計、上がりとも遅い決着になる可能性は高い。

【関連記事】