Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アベノマスクは「失敗だった」、コロナ対策は「結果オーライ」 初めての民間調査で見えた政府の本音

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブが、日本の新型コロナウイルス感染症に対する対応を検証するために設置した「新型コロナ対応・民間臨時調査会」。同調査会が10月8日、日本記者クラブで会見を開き、報告書について発表を行った。報告書は安倍晋三首相(当時)、菅義偉官房長官(当時)、加藤勝信厚生労働相(当時)、西村康稔新型コロナウイルス感染症対策担当相、萩生田光一文部科学相をはじめとする83名への101回におよぶヒアリングをもとにまとめられたものだ。今回の調査対象期間は、日本国内で初めて感染者が確認された1月15日から緊急事態宣言が解除され、通常国会が閉会する7月までとなっている。この報告書には政府首脳や官邸スタッフや官僚など、様々な関係者の生の声が収録されている。調査の過程で一体どのような声が聞こえてきたのか、その一部を抜粋する。【BuzzFeed Japan/千葉 雄登】

安倍首相「一番難しかったのは緊急事態宣言」

安倍首相は同調査会のヒアリングに対し、一番難しかった決断は緊急事態宣言を出すことであったと振り返っていたという。 日本においては、緊急事態宣言は法的拘束力を持たないため、8 割削減が達成できるか「心配だった」とし、不安の中で宣言を発出していたと同調査会はまとめている。

都知事のロックダウン発言で「結果としては緊急事態宣言が遅れた」

緊急事態宣言をめぐっては、もう1つ興味深い発言が報告書には記録されている。 それが、西村新型コロナ担当相の言葉だ。 西村新型コロナ担当相は3月23日の小池百合子都知事の「ロックダウン」についての発言が、「1つのターニングポイント」になったと指摘。 都知事の発言後、、東京都で食料品の買い占め等が生じた様子を目の当たりにし、官邸は緊急事態宣言発出により国民が一層のパニックに陥るのではないかと懸念したという。 そのため、西村新型コロナ担当相は小池都知事のロックダウン発言によって「結果としては緊急事態宣言が遅れた部分があったと思います」と語ったという。

【関連記事】