Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

THE ALFEE「3人とも前期高齢者です(笑)」自粛中の連絡手段はまさかのFAX

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 幅広いジャンルの曲と美しい3声(3人のコーラス)で世代を越え愛され続けているTHE ALFEE。新曲の話を聞いてみると、いまの3人のリアルな思いが飛び出してきた。 【写真】本当に66歳? 髪がツヤッツヤな高見沢俊彦  '74年、大学在学中にデビューし、8月25日に46周年を迎えた。昭和、平成、令和と日本の音楽シーンを牽引し続けるレジェンドバンドが、3年ぶり、68枚目のシングル『友よ人生を語る前に』を9月2日にリリースする。  コロナ禍での取材、インタビューは全員マスクを着用して。 高見沢「(マスク着用が必須の)こういう時代だからね」 桜井「エチケットですから」 坂崎「大丈夫だと思いつつもね」 高見沢「髪を巻いていると、マスクがつけづらくてさ。ゴムに髪の毛が絡まっちゃって」 桜井「マスクなしで、髪の毛で口元を隠せば大丈夫だよ」 高見沢「(左右の髪を手にとり、口元で重ねながら)こうやって?(笑)」 桜井「ほら、飛沫が飛ばないだろ(笑)」    すぐに居心地のよい雰囲気を作り出してくれる。新曲をリリースするきっかけとなったのは、新型コロナウイルスの感染が拡大し、4月に緊急事態宣言が発令されたことから。

コロナ禍だからできたニューシングル

高見沢「本来なら、4月から始まるはずだったツアーが延期になりました。ステイホームで家にいるとニュースやワイドショーを見ますよね。そうすると、すごく不安になる。何かが足りないと感じていた。そして、その足りないものは希望だと思いました。希望とは何だと考えたとき、ミュージシャンにとって新曲だと」    ALFEEの楽曲はほぼすべて高見沢が制作している。 高見沢「自宅で高校時代の卒業アルバムを手に“元気かな?”と友達のことを思ったりしているときにできた曲が『友よ人生を語る前に』です。メンバーも変わらず46年やってきて、66歳になった坂崎と僕と、65歳の桜井のTHE ALFEEのメッセージが届いて“さぁ、頑張ろう”と思ってくれる方が全員じゃなくてもいい、3割でもいればいいと思っています」    信念を貫き通すことの大切さを綴った歌詞には“友よ”“人生”という言葉が繰り返される。 高見沢「僕らくらいの世代に特に響く曲だと思います。20代、30代の若いころは、考え方も違いました。人生というより、車とか女の子、ファッションの話をよくしていた。今は、数値です。検査結果の(笑)。あと、病院はどこがいいとか」 坂崎「サプリメントはこれがいいとかね」 桜井「もうちょっとすると、どこのお寺がいいとか、お墓買ったとか(笑)」 高見沢「もう、3人とも前期高齢者ですから(笑)」 坂崎「はい、年金もらえます」 高見沢「あと、4年で古希。だから、70まで頑張りたいという気持ちも込めた新曲になっています」

【関連記事】