Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

好調ルブレフ 今季シングルス32勝目で4強、上にはジョコビッチのみ<男子テニス>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
tennis365.net

サンクトペテルブルク・オープン

男子テニスのサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、室内ハード、ATP500)は16日、シングルス準々決勝が行われ、第3シードのA・ルブレフ(ロシア)が世界ランク75位のC・ノリー(イギリス)を6-2, 6-1のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。 【好調ルブレフ 要因はメンタル】 この試合、ファーストサービスが入ったときに78パーセントの確率でポイントを獲得したルブレフは、初対戦となったノリーを圧倒。リターンゲームでは11度のブレークチャンスを創出し、そのうち5度成功するなど、サービス、ストロークともに安定。1時間2分で4強へ駒を進めた。 22歳のルブレフにとってこの日の勝利は、N・ジョコビッチ(セルビア)の37勝に次ぐ今季シングルス32勝目。ツアータイトルも今年は3度獲得しており、今月12日付の世界ランキングでは10位を記録して自身初のトップ10入りを果たした。 好調のルブレフは決勝進出をかけて準決勝で第2シードのD・シャポバロフ(カナダ)と対戦する。今年9月に自己最高の世界ランク10位を記録した21歳のシャポバロフは、準々決勝で第5シードのS・ワウリンカ(スイス)をストレートで下しての勝ち上がり。 男子プロテニス協会のATP公式サイトには「アンドレイ(ルブレフ)は今、地球上で最高の選手の1人。次の試合はとてもタフになるだろう。僕らのスタイルは近いものがある。面白い試合になるだろうね」というシャポバロフのコメントが掲載されている。 同日には第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)と第7シードのB・チョリッチ(クロアチア)が4強へ駒を進めた。

【関連記事】