Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『海辺の映画館』公開初日が7月31日に決定 大林宣彦監督のメッセージが込められたパンフレットも

配信

リアルサウンド

 大林宣彦監督の遺作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』の新たな公開日が、7月31日に決定した。 【写真】撮影中の大林宣彦監督  本作は、尾道にある海辺の映画館を舞台にした大林版“ニュー・シネマ・パラダイス”。尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎え、日本の戦争映画特集を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へ。そこで出会ったのは移動劇団「桜隊」。歴史上では原爆の犠牲になった「桜隊」の未来を変えるため、戦争を知らない3人の若者は、歴史を変えようと奔走する。  奇しくも本作の公開予定だった4月10日に大林宣彦監督(享年82歳)は生涯を閉じた。しかし、本作プロデューサーで人生のパートナーである大林恭子氏は、「大林宣彦監督は次回作ロケハン中!」とのこと。 “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――”  大林宣彦監督が直筆で寄せた、この最期のメッセージは、大林千茱萸氏が編集した劇場パンフレットに遺されている。パンフレットには本作に出演した俳優陣から大林監督へのラブレター45篇や、富田靖子と石田ひかりが初対面となった尾道ヒロイン夢の対談、大林宣彦の撮影ノート、映画評論家・佐藤忠男による寄稿や、大林番記者のコメント寄稿などが収録されている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】