Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高速エスカレーターは便利? こわい? 街の声とその実態

配信

LIMO

エスカレーターは、いまや駅やお店など至るところに設置され、ほとんどの人が日常生活のどこかで乗っているはずです。階段のように上り下りで疲れたりすることもない楽チンな設備である一方で、利用者の不満や要望も絶えません。 この記事では、意外に多くの人が意識していない「エスカレーターの速度」に注目して、その現状を少し垣間見てみます。

エスカレーターの速さを巡って

まず、エスカレーターには駅や建物によってその運行速度に差があることをご存じでしょうか?  利用者が多い駅は速度を速くして混雑を解消し、また、病院などは速度を落とすことで入院患者等の安全を考慮するといったことは想像がつくと思います。このように、エスカレーターは設置場所の状況によって速度を調節されているのですが、ここで取り上げたいのは、駅に設置されている「高速エスカレーター」です。 高速エスカレーターは、やはり利用者数が多い東京都内やその近辺に多く設置されており、渋谷駅や東急東横線横浜駅などがその例として挙げられます。一般的なエスカレーターの速度がおよそ30m/分であるのに対して、駅の高速エスカレーターはおよそ40m/分となっています。この高速エスカレーターを「便利だ」と感じるか否かは人それぞれのようです。ネット上にも賛否両方の声が上がっています。 「たしか東横線横浜駅のエスカレーターは速かった気がするんだけど、あのくらい速いと便利なんだけどなぁ」 「永田町のエスカレーターの速度が速いから便利」 「全部東急渋谷駅の高速エスカレーター並に速度上げてほしい」 これらは速度が速いエスカレーターを好む人々の意見です。混雑し、なおかつ時間に追われている朝などは、やはり高速エスカレーターの需要は多いようです。それに、長いエスカレーターで速度が遅いと、なかなか着かなくてイライラしてしまうものですよね。移動時間を短縮し、スムーズに移動できる高速エスカレーターは非常に便利に感じられます。

【関連記事】

最終更新:
LIMO