Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Bellator】名勝負再び、チャンドラー「“金曜の夜に試合がある”ということだけ」vs.ヘンダーソン「無観客は柔術で経験している」=両者計量パス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴング格闘技

 2020年8月7日(日本時間8月8日・土)に米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナにて「Bellator 243: Chandler vs. Henderson 2」が開催される。 【写真】前回のベンヘンとの戦いでチャンドラーが見せた見事なジャーマン  8月6日、前日計量が行われ、150ポンド契約でアダム・ボリッチ(ハンガリー)と対戦するマイク・ハメル(米国)が154.6ポンド(70.12kg)で体重超過したほかは、残り全選手が計量をパスした。  メインイベントは、ライト級の5分3Rで行われる前Bellator世界ライト級王者のマイケル・チャンドラー(米国)と、元UFC世界ライト級王者ベンソン・ヘンダーソン(米国)の再戦。チャンドラーは155.9lb(70.71kg)で、ヘンダーソンは155.6lb(70.57kg)で計量をパスしている。  両者は、2016年11月19日「Bellator 165」以来の再戦。Bellator世界ライト級タイトルマッチとして行われた試合は、5Rにわたる激闘の末、判定2-1のスプリットで流血した王者チャンドラーが王座を防衛している。  激闘から3年9カ月を経ての再戦。もともと両者は、2019年12月29日の「Bellator JAPAN」さいたまスーパーアリーナ大会で対戦予定だったが、ヘンダーソンが練習中に足を負傷し欠場。日本大会でチャンドラーはシドニー・アウトローと対戦し、1R 2分59秒、右ストレートでKO勝利している。  その後、2020年6月6日に米国イリノイ州シカゴでの「Bellator244」で仕切り直しの1戦が組まれるも、新型コロナウイルスの影響で大会は延期となっていた。  チャンドラーにとっては昨年末の日本大会以来の試合となり、ヘンダーソンにとっては2019年9月にマイルズ・ジュリーに判定勝ちして以来のMMA。その後、2020年の1月と5月に「Fight 2 Win」でグラップリングマッチに果敢に出場し敗れているものの実戦感覚は続いている。  現地時間5日のZOOMによるヴァーチャルメディア会見では、今回の試合がBellatorとの契約下で最後の試合となるチャンドラーは、「賞金のために戦っているし、(養子を)いろんな場所に連れて行って交流するのも大好きだ。パンデミックが起きて忙しくなったけど、今は言えることは、“金曜の夜に試合がある”ということだけだ」と、シンプルに臨戦態勢にあることを語った。  一方のヘンダーソンは、「人によっては、誰かを好きになれずに殴り合いの喧嘩になってしまうのは辛いこと。でも僕はそんなことはなく、いつも冷静で落ち着いて集中している。殴り合って、血と血の海を見ても、チェスの試合だとは思わない。小さな調整が重要なんだ。その小さな小さな調整が、誰が最後に手を上げるかの大きな要因になる」と、激闘のなかでも細かい攻防が勝敗を分けると語り、無観客試合についても「以前、観客のいない柔術の試合に出て、“うわー、これはクレイジーだな、ここには観客がいない。これは全く違う”と感じたことがあった。1回、経験しているから、無観客で戦うことは特に何も無いね」と問題無いことを語っている。 ◆Bellator 243: Chandler vs. Henderson 2 Main Card: Paramount Network and DAZN 10 p.m. ET/9 p.m. CT 【メインカード】 ▼ライト級 5分3R マイケル・チャンドラー(米国)155.9lb/70.71kg ベンソン・ヘンダーソン(米国)155.6lb/70.57kg ▼ヘビー級 5分3R マット・ミトリオーネ(米国)262.6lb/119.11kg ティモシー・ジョンソン(米国)263.2lb/119.38kg ▼ライト級 5分3R マイルズ・ジュリー(米国)155.6lb/70.57kg ジョージ・カラカニヤン(米国)155.5lb/70.53kg ▼175ポンド契約 5分3R サバ・ホマシ(米国)175lb/79.37kg カーティス・ミランダー(米国)174lb/78.92kg 【プレシミナリー】 Bellator MMA’s YouTube Channel 7:15 p.m. ET/6:15 p.m. CT ▼150ポンド契約 5分3R アダム・ボリッチ(ハンガリー)150.2lb/68.12kg マイク・ハメル(米国)154.6lb/70.12kg ※体重超過 ▼フェザー級 5分3R クリス・レンシオニ(米国)145.8lb/66.13kg AJ.アガザーム(米国)145.3lb/65.90kg ▼フライ級 5分3R ヴァレリー・ローレダ(米国)125.3lb/56.83kg タラ・グラフ(米国)125lb/56.69kg ▼ライトヘビー級 5分3R グラント・ニール(米国)204.7lb/92.85kg ハムザ・サリム(米国)205.1lb/93.03kg ▼ライト級 5分3R ナイノア・ダン(米国)155.1lb/70.35kg チャーリー・キャンベル(米国)155.8lb/70.66kg ▼ミドル級 5分3R ダルトン・ロスタ(米国)185.7lb/84.23kg マーク・ガードナー(米国)184.8lb/83.82kg

【関連記事】