Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3週間のロックダウンが解除された西アフリカ・ガーナ 政府による水道代や電気代の3カ月無償化も

配信

エキサイトニュース

脆弱な医療環境による新型コロナウイルスの感染拡大と影響が心配されているアフリカ。西アフリカのガーナでは、3月30日から首都アクラなどで3週間のロックダウンを実施。ロックダウンが解除された現在も、政府による慎重な対応が続いている。 ガーナの首都アクラはどのような状況なのか。現地企業Tachibana International Ghana Company Limitedの新規事業開発責任者を務める石本満生さんに、様子を聞いた。 取材/加藤亨延 エボラ予防対策の経験が新型コロナにも

――ガーナでの新型コロナでの広がり方について教えてください。 感染の始まりは、海外からガーナに入国した外国人とガーナ人が、新型コロナウイルスを持ち込み、その接触者が地方に移動することで、各地へ広まっていったといわれています。ガーナ国内で初めての感染者(2人)を記録したのが3月12日。そして3月22日には感染者は24人となり、同日にガーナのすべての国境・空港が封鎖されました。 ――感染拡大が深刻化したのはいつ頃でしょうか? ガーナの首都アクラと主要都市クマシでのロックダウンが実施されたのが3月30日です。その時点で感染者は152人。その後、ジリジリと感染者数は増えていき、4月6日には287人、4月13日には566人になりました。 政府は、ロックダウンが行われている期間中に、大規模な接触者追跡調査を行いました。その結果、4月18日には834人、4月24日には1550人、4月30日には2074人の感染者を記録しました。ガーナ保健省に新型コロナウイルス情報のサイトよると、現在(5月2日)では、ガーナ全体で累計2169人になっています。また4月25日からは外出時のマスク着用が義務化されました。 ――ガーナでは、どのようなことが感染拡大の要因となりますか? 握手やハグ、教会やモスクでの集会・冠婚葬祭、マーケット、乗合バスなどに、密になりやすい環境があるかと思います。

【関連記事】