Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『TVガイドAlpha』最新号に、NEWS・増田貴久が登場! 「NEWS、ジャニーズを続けていきたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エムオンプレス

■継続と感謝の念が引き寄せる増田貴久流“Gain=得る、手に入れる”の真髄! 写真集のようなビッグサイズの判型が特徴的な『TVガイドAlpha』。アルファベットの頭文字(A~Z)をテーマに、今の時代を象徴する旬な人やグループの核心に迫るシリーズで、2016年11月に「A」から始まった本誌は、「Z」を経て2周目に突入。2度目の「G」となる「GG(ダブルジー)」(発売中)のカバーには、ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』で海外ミュージカルに初挑戦する増田貴久が登場している。 ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』は、1961年にブロードウェイで初演され、トニー賞7冠に輝いた世界中で愛される名作。増田は、長年胸に秘めていた本格ミュージカル出演の夢をついに果たすことになる。 今作への出演発表時のインタビューで、「ミュージカルをやりたいという思いを、今まであまり言ってこなかった」と話していたように、自分の夢はあまり公言しないタイプだという増田。夢を聞かれたときには、いつも「今、自分がやらせてもらっていることを続けていくこと」と答えてきたという。 そこには「NEWS、ジャニーズを続けていきたい」という強い思いがあった。その夢を追う中で、NEWSとして“得たい”と願うこれからの道、そして見据えている未来とは――。 継続と感謝の念が引き寄せる増田流“Gain=得る、手に入れる”の真髄を、12ページに及ぶ大ボリュームの巻頭特集で紐解いていく。 そのほかにも注目記事が目白押し。 関ジャニ∞から横山裕が登場。関西ジャニーズ勢総出演のイベント『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~』が、関ジャニ∞が生まれた大阪という“土地=Ground”で開催されることから、あらためて“ホーム地”大阪への愛を聞きながら、心のホームグラウンドについても探っていく。 また、あえて本誌「G」登場時と同じ“Glitter=輝き”というテーマを投げかけることで、SexyZoneから佐藤勝利と菊池風磨の様々な経験を経ての変化に迫るほか、King & Princeの永瀬廉には“Glow”をキーワードに、「どんな光を放っているのか」、永瀬の自分らしさを問う。新曲がついにリリースを迎え、まさに“Gush=湧き上がる、溢れ出す”というワードがぴったりなほど、ますます話題を呼ぶSixTONESへのインタビューでは、現在の活躍ぶりを裏付けるグループへの確かな自信と愛が感じられる。 さらに、話題の作品で注目を集める吉沢亮&杉咲花、古川雄輝など、豪華ラインナップがずらり。ジャニーズJr.からは美少年、7MEN侍、なにわ男子、嶋崎斗亜&西村拓哉&小島健&佐野晶哉(Lilかんさい×Aぇ!group)が登場。なにわ男子・道枝駿佑はグループでの登場に加え、ソロでもグラビアを披露する。 書籍情報 『TVガイドAlpha EPISODE AA』 発売日:7月29日(水) ※一部、発売日が異なる地域がございます 定価:本体836円+税 表紙:増田貴久 【CONTENTS】 <表紙&巻頭グラビア12P> 増田貴久 海外ミュージカルに初挑戦。今、彼が“掴みたい”と願う夢。 横山裕 関西ジャニーズ勢総出演ライブを配信。“ホーム地”大阪への愛を聞く。 佐藤勝利×菊池風磨 様々な時を経て…。2人が考える“輝く”ということ。 永瀬廉 つねに自然体で冷静に物事と向き合う彼が考える、“自分らしさ”。 SixTONES 新曲について聞く。“溢れだした”のは、歩んだ道のりへの自信とグループへの愛だった。 吉沢亮&杉咲花 人と人との距離が問いただされる今、W主演映画で2人が“手にした”もの。 古川雄輝 誰かのために、と1歩ずつ前へ。“美しく”輝く彼の生きざま。 美少年 連続ドラマ初主演。メンバーとの新しい挑戦で、改めて感じた“感謝の日々”。 7MEN侍 オリジナル曲という“贈り物”を手に、思い描く未来への決意を語る。 なにわ男子 関西ジャニーズの一員として、7人が“手探りで”目指すもの。 道枝駿佑 先輩との共演。“評価と成長”を得てなお変わらない、道枝駿佑という人。 嶋崎斗亜&西村拓哉&小島健&佐野晶哉(Lilかんさい×Aぇ!group) 今の関西ジャニーズJr.たらしめる“歩き続ける意志”。

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】