Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Zoom会議やPC作業で目が疲れている人、必見!鍼灸師が教える“眉毛ほぐし”

配信

VOCE

このところ、オンラインでの作業や会議が増え、PCのディスプレイとにらめっこの毎日を送っている方も多いはず。人と話す機会が激減している今、顔の表情はどんどん硬直、ふと鏡で自分の顔を見たら、死んだ魚のような目になっているかも……!? そんなホラーな事態を防ぐべく、鍼灸師でもある「お尻先生」こと田口咲さんが簡単にできる“眉毛ほぐし”の方法をレクチャー。疲れ目にも効果てきめんなので、今すぐトライして!

お尻先生・田口咲さんってどんな人?

東京・麻布十番「鍼美salonゑまひ~EMAI~」代表。AEAインターナショナルエステティシャン。鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、医療リンパドレナージセラピスト。秋田県生まれ。お尻のケアに着目し、マシンや手技、鍼灸などを交えた独自の手法でケアにあたる。お尻をケアするだけで、ヒップアップ、痩せる、小顔になる、可愛くなる、開運すると大人気で、女優やモデルなどにもファンが多い。初の著書『全身きれいになりたければ、お尻だけほぐせばいい!』が講談社から好評発売中!

どうして眉毛をほぐすの?

普段はあまり意識していないかもしれないけれど、実は眉毛には、目元の印象アップに効果的なツボがあるんです! ここをほぐすと、眼精疲労、ドライアイの改善や、白目をきれいにしたり、目を大きくしたり、目の二重の幅を広くしたり、眉間のシワを薄くする効果が。刺激すると、眉毛周りのくすみも解消して、ハイライト効果が出て、キラキラ、うるうるの瞳に。精神安定効果もあるので、イライラしたときにほぐすのもおすすめ。まさに今この時期、絶対ほぐしておきたいパーツ! <眉毛をほぐして得られる嬉しい効果> ◆眼精疲労やドライアイの改善 ◆白目がきれいに ◆目が大きくなり、二重の幅が広がる ◆精神の安定

【1】眉毛の上のツボを親指でプッシュ

両手の親指を左右それぞれの眉頭の少しくぼんだ部分に当て、3秒押したら離します。黒目の真上、眉尻の眉毛上も同様に。

【2】眉毛をつまんで上下に動かす

次に両手の人差し指と親指で片側の眉毛をつまみ、上下に動かします。眉間から眉尻までを、ほぐれるまで行いましょう。 これなら、仕事の合間にでもささっと実践できるはず! 目を酷使しがちな今日この頃、“眉毛ほぐし”を日常生活にぜひ積極的に取り入れてみてくださいね♪

眉毛だけじゃない! お尻もほぐして全身きれいを目指すなら書籍もチェック!

『全身きれいになりたければ、お尻だけほぐせばいい!』(講談社) ■2020年4月10日(金)発売 ■本体1350円(税別) ■カラーA5版 112ページ 撮影/岩谷優一(vale./加治ひとみ)、伊藤泰寛(田口咲) ヘアメイク/George(加治ひとみ)、藤本希(cheek one/田口咲) スタイリング/坂下シホ モデル/加治ひとみ 取材・文/和田美穂

VOCE

【関連記事】

最終更新:
VOCE