Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】ピロリ菌の除菌が胃がんの予防になるってホント?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

昨今、胃がんに関連して、「ピロリ菌」というキーワードが浮上してきている。はたしてその正体は。感染経路は。除菌の方法とは。さまざまに浮かぶ疑問を、里村クリニックの里村仁志先生に投げかけてみた。「ピロリ菌」を知ることで、いままで把握しづらかった胃がんの仕組みが見えてくるかもしれない。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 里村 仁志先生(里村クリニック 副院長) 2003年に獨協医科大学医学部卒業後、NHO災害医療センター、獨協医科大学、さいたま赤十字病院勤務を経て、2018年より父が院長を務める「里村クリニック」副院長。8歳よりさいたま市緑区にて育ち、地域の生活をより豊かにするための治療や生活指導、検診などに力を入れる。専門は消化器。日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会胃腸科専門医・指導医、医学博士。

胃がんと深く関わるピロリ菌

編集部: 胃がんとピロリ菌は、どのような関係にあるのですか? 里村先生: 胃がんの発症率で見ると、ピロリ菌保持者のほうが、菌を保有していない方に比べて有意に「高い」ことがわかっています。このことだけを見れば、「胃がんの予防には、ピロリ菌の除菌が有効」といえるでしょう。ただし、菌を保有していない方でも胃がんを発症することはあります。 編集部: 胃がんは、ピロリ菌の除菌によってある程度防げるのでしょうか? 里村先生: そう思いますが、除菌をするまでの期間が問題です。保菌している間にがん化が始まっていると、除菌だけでは防げません。もっとも胃がんになりにくいのは「最初からピロリ菌を持っていない方」、次に「除菌をした方」、最後が「ピロリ菌の保有者」。この順番であることは間違いありません。 編集部: ピロリ菌の保有は、どのような人に多いのでしょう? 里村先生: ピロリ菌の感染率を60代にしぼって見ていくと、2000年の段階では約80%だったものが、2008年から5年間では46%まで減ってきています。一方、0歳から8歳の場合、2011年の段階で、わずか1.9%という感染率です。おそらく昔の井戸水には、ピロリ菌が潜んでいたのでしょう。最近になって衛生的な上下水道が完備したため、若年層の感染率が低く、高齢者でも年々減少しているものと推察できます。

【関連記事】