Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

当時の年収は? 転職動機は? 田端信太郎さんにキャリアのリアル、全部話してもらいました

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

収入、恋愛、健康…。そういった、R25世代の大きな関心事のひとつに挙げられるのが、転職。つまり「キャリア」です。 そんなキャリアについての“哲学”“本音”を著名な方にお伺いすべく、新R25が立ち上げたのが連載「キャリ凸」。 初回にお迎えしたのは、新R25にもたびたび登場いただいている田端信太郎さん。NTTデータ→リクルート→ライブドア→コンデナストジャパン→LINE→ZOZO→現在のフリーランス…と、時代を彩る企業を渡り歩いてきた田端さんは、転職のたびに話題となり、インタビューなどに応じることも多い印象です。 しかし! 新R25では、さらなる本音を深掘るべく、 「転職のたびにどれぐらい年収が上がったの?」 「ネガティブな転職ってなかったの?」 「なぜ、いろいろお騒がせ企業だったライブドアに行ったの?」 …など、読者が気になるであろう質問をぶつけまくってきました。 これまで語られてこなかった、田端さんの“キャリアの本音”を、じっくりお楽しみください。 〈聞き手=天野俊吉(新R25副編集長)〉

NTTデータ→リクルート “ネットビジネスのビッグウェーブに乗ろう”とした若手時代

天野: 今日は田端さんの「キャリアの遍歴」を、これまでにないレベルで追っていければと思います。 田端さん: はいはい、どうぞ! 天野: まず、新卒で入社したNTTデータにはどれぐらいいたんでしたっけ? 田端さん: 1年10カ月ぐらいかなあ。2年もいないよ。 天野: みじかっ。転職したきっかけは何だったんですか? 田端さん: 昔、日経新聞の日曜版って求人広告がいっぱい載ってたんですよ。 外資系もあり、割とハイエンドな求人が多かったから見てるだけでも楽しかった。そのなかにあったのが、リクルートの次世代事業開発室の求人。 当時、2000年ぐらいは最初のネットバブルがいよいよ盛り上がってきてたころでね。「いっちょ、ネットビジネスのビッグウェーブに乗ってやろうじゃねえか」と思って、その部署に飛び込んでみようと思ったんです。 天野: なるほど。その転職で年収はどれぐらい上がったんですか? 田端さん: え? 天野: 年収です。 今日はR25世代にとって有益なキャリアモデルを探るという意味で、転職によって年収がどれぐらい変化したかも聞かせてください。 田端さん: む、昔の話ならいいけど、最近のは言わないからね!? NTTデータのころは、残業代とか住宅手当とか全部入れて年収450万円ぐらい… リクルートに移って600万円ぐらいになったのかな。 天野: 23、24歳でかなりの高給取り…さすがですね… 田端さんのキャリアといえば、リクルートで『R25』の創刊に携わったことが大きなターニングポイントだと思うんですが、その功績で年収もかなり上がりました? 田端さん: よく言われるんだけど、『R25』をやったから給料が大きく上がったかというと、全然そんなことなかったよ。 当時はとにかく一生懸命仕事することだけ考えてたから、そういうことも気にならなかったっていうのが近いかな。正直“給与明細を見てた記憶”があんまりないんだよね。 天野: とにかく仕事に没頭してたんですね。 田端さん: そう。リクルートにいた最後のほうは、800~900万円ぐらいまで上がったと思うけどね… ただ、そうやってクタクタになるまで電通と編集部の板挟みになって営業して、「そろそろやり切ったな」っていう感覚が出てきたんだよね。 天野: 『R25』の広告営業を務めて1年ほどで、2度目の転職をされてますよね。 これまたけっこう早いですけど…正直ネガティブな転職理由もあったんじゃないですか? 田端さん: いや、ネガティブってほどじゃないけどさ… フリーペーパーの営業をやっといてアレなんだけど、“結局、リクルートはインターネットの会社じゃないんだな”って思ってしまったんだよね。 天野: というと…? 田端さん: 当時、「旅の窓口」っていうナンバーワン旅行予約サイトが売却に出るっていう事件があったんです。 リクルート社内のネット論者は“これを逃したら永遠に後悔する”っていうテンションで、買収のために、清水の舞台から飛び降りるような高額オファーを出したんだけど… 楽天がそれをはるかに上回る金額を用意して、あっさり持っていってしまったんだよね。それが今の「楽天トラベル」。 その瞬間、社内ではネットに興味がある人たちは「リクルート経営陣のネットへの理解度と、三木谷さんのそれが全然違う。これは勝てるわけがない!」って思ったんだよね。 天野: 最初の転職のきっかけが「ネットビジネスのビッグウェーブに乗りたい」だった田端さんからすると、ちょっと物足りないと。 田端さん: そうそう。 僕は企業としてのリクルートは本当にすごい会社だと思うし、在籍していたことは誇りに思っているんだけど、少なくともそのときは、「ネットではなく紙の情報誌ビジネスの会社なんだ」…と思いました。

【関連記事】

最終更新:
新R25