Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

気になる…ファンに求められる感染対策とは 鳴り物応援スタイルの変更 スタジアム内でのマスク着用

配信

中日スポーツ

 プロ野球とJリーグが7月10日から観客を入れて試合を開催する方針を公表した。当面は各球場が人数制限を設ける見通しだが、気になるのは観客に求められる新型コロナウイルス感染対策だ。日本野球機構(NPB)とJリーグの連絡会議では、専門家チームが5月22日にまとめた提言の中で「観客の皆様への対応」として球団、クラブが留意すべき事項が記されている(抜粋)。  (1)感染リスク  ▽不特定多数の集団が集まるマスギャザリング  ▽人混みにおける不特定多数との遭遇  ▽接触・試合観戦中の濃厚接触状態  (2)感染予防策  ▽体調不良の場合は観戦の遠慮を要請  ▽入場時のゾーニングなど濃厚接触を減らす工夫  ▽スタジアム内でのマスク着用の呼び掛け  ▽応援歌合唱、鳴り物使用の応援スタイルの変更と観客同士のハイタッチなど接触の禁止(※感染リスク高…ジェット風船、集団での動きの伴う応援、鳴り物応援、ハイタッチ、大声での声援など)  ▽スタジアム内での食品や飲料販売の抑制  ▽手指消毒剤の設置  ▽ファンから手渡されたペンや色紙などでサインするファンサービスやハイタッチを行わない  (3)観客から感染者が出た場合の対応  ▽周囲に座っていた人を特定できる手段の確保  ▽感染者座席の公表(周囲に座っていた人に連絡)

【関連記事】