Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「1人1台」なくてもオンライン教育はできる。休校初日から始めた小学校教諭が伝えたいこと

配信

ハフポスト日本版

一斉休校からもうすぐ3カ月。 全国で緊急事態宣言が解除され、ようやく学校再開の兆しが見えてきたが、新型コロナウイルスは日本の教育を確実に変えつつある。その一つが、オンライン教育だ。 オンライン授業の様子(Facebook)はこちら 約650人の児童が通う千葉大教育学部付属小学校(千葉市)では、3月2日の臨時休校初日から、マイクロソフトのTeamsを活用して当時としては珍しかったオンライン教育を試験的に導入。4月13日からは本格的にTeamsで “学校” を続けてきた。 ICTの整備状況が決して恵まれているわけではない同小で、なぜこんなにも素早くオンライン授業に舵を切ることができたのか。 ICT活用教育担当の小池翔太教諭は「ソフト面とハード面で少しずつICT教育の準備を重ねてきた」としたうえで、「保護者の協力」と「経験がないことをやろうとする勇気」がポイントだと語る。 Teams導入の立役者でもある小池さんに、オンライン教育の可能性と課題について聞いた。

「見切り発車」で始まったTeams導入

まず、驚くのが導入のスピードだ。 <Teams導入までのスケジュール> 2月26日 アカウント発行申請 2月27日 安倍晋三首相が一斉休校を要請 2月28日 発行完了、保護者向け文書印刷(10時)、15分程度の全校授業(13時) 3月2日  休校スタート。ウェブ課題とTeamsの使用開始 千葉大付属小が児童全員分のTeamsアカウントの発行を千葉大学に申請したのは、北海道で学校の臨時休校の要請が発出された2月26日。いずれ必要になるかもしれないと考えたためだった。 翌27日に安倍晋三首相が全国に一斉休校を要請。最終登校日の28日午前に全校児童のアカウントが配布されると、午後には各教室に設置されたプロジェクターで、児童にサインインや画像・コメントの投稿方法を説明。 小池さんは「見切り発車に近かった」と明かす。当時の投稿には、「力を合わせて、がんばろう!」など、教師らによる励まし合うコメントが並んでいる。

【関連記事】