Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

sajou no hana、ニューシングル「青嵐のあとで」は「御坂美琴たち登場人物と、同じ景色を見ているくらいの気持ちで聴いてもらえたら」【インタビュー】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超!アニメディア

『とある科学の一方通行』エンディングテーマ「Parole」に続き、『とある科学の超電磁砲T』新エンディングテーマ「青嵐のあとで」が話題の、sajou no hanaのインタビューがアニメディア7月号に掲載されている。超!アニメディアでは、本誌に掲載しきれなかったぶんを含めた特別版を公開。第15話挿入歌として感動を呼んだ「ここにいたい」の制作秘話や、ボーカルのsanaの青春時代の思い出などについても話を聞いた。

超電磁砲』のエンディングは「等身大」というイメージ

ーー「青嵐のあとで」は『とある科学の超電磁砲T』新エンディングテーマということで、キタニさんの作詞作曲ですがどんなイメージで作りましたか? キタニ 『とある科学の超電磁砲』には、同じ『とある』シリーズでも『禁書目録』や『一方通行』にはない、『超電磁砲』だけが持っている魅力があって。それはあまりファンタジック過ぎない人間的な部分と言うか、一般の人が見ても共感しやすく親しみやすいところだと思っていて。そういうところに焦点を当てた、人肌の感じられる音楽を目指しました。だから音像や歌詞は、日本人みんなが同じように懐かしさを感じられることを意識して作りました。 ーー「青嵐(あおあらし)」というワードが良いですね。青春は嵐のように激しくてあっと言う間に過ぎ去っていくものなのだな~って。 キタニ 「青嵐」というのは、春の終わりを告げる風を意味する言葉で。歌詞の一人称の人物が、二人称の人物に対して憧れを持っているんですけど、それはあっと言う間に過ぎ去ってしまう。そういう情景を上手く比喩できる言葉は何かと考えて、そこに「青嵐」という言葉がハマりましたね。 ーーsanaさんは、楽曲や歌詞の最初の印象はどうでしたか? sana 夏の青空が広がっているシーンが、パッと頭に広がりました。その次に、本当に漠然とした懐かしさに包まれた感じがありましたね。それこそ10年くらい前に、アニメ『とある科学の超電磁砲』シリーズの第1期や第2期をリアルタイムで見ていたな~って、当時の気持ちが甦りました。 渡辺 この「青嵐のあとで」という曲の持つ郷愁感は、自分たちが経験したものとは違う憧れみたいな感覚だと思います。「こういう青春を送りたかったな~」と、実際には送っていないのになぜか懐かしく感じる感覚。たとえばスタジオジブリの映画を見たときの感覚に近いものがあるんじゃないかと。ジブリ映画で描かれる田舎の風景を見て、都会出身の人でも懐かしさを感じるじゃないですか。昭和のお話なのに平成生まれの人が見て、懐かしく感じたり。そういう感覚に近いものを、僕はこの曲に感じますね。 ーーキタニさんは、そういうところまで意識して曲を作られていたんですか? キタニ もともと僕は、ジブリ映画的な夏感や久石譲さんの音像など、日本人の懐かしい感情を刺激するものが好きで、いつか自分でもそういう曲を作りたいと思っていたんです。それで「青嵐のあとで」は具体的に言うと……ちょっと田舎で神社があって、青空に入道雲があってという景色が、自分のなかにイメージとしてありました。 ーーそういうイメージを具現化する上で、楽器や音で何かこだわりましたか? たとえばキラキラとした感じのギターとか。 キタニ 『とある』の作品の音楽と言うと、fripSideさんのようなシンセサイザーが使われた電子的なイメージが強かったと思うんですけど、「青嵐のあとで」はその電子的なイメージを極力排除していて、生の音のシンプルなサウンドで作られています。だから最初はギター、ベース、ドラムだけのいわゆるロックバンドの編成で編曲したんです。 渡辺 僕は以前に『超電磁砲S』前期エンディングテーマで井口裕香さんが歌った「Glory Slowly」の作詞作曲をさせていただいたんですけど、それもシンセを使っていない編曲になっていて。僕のなかで『超電磁砲』シリーズのエンディングは「等身大」というイメージがあって、それがシンプルなサウンドともすごくハマったと思います。 ーーsanaさんはそういうサウンドのなかで歌ってどうでしたか? sana 疾走感がある曲なので、レコーディングは自由に気持ちよく歌えました。キラキラしたサウンドのなかには哀愁とか深みもあるので、それをどう表現するかを自分なりに研究して本番に臨んだんです。 渡辺 歌録りは僕とsanaちゃんのふたりでスタジオに入って録ったんですけど、僕がイメージしていたものと同じビジョンを彼女が持っていたので、レコーディングはスムーズでしたね。特にDメロは、僕が想像していたものよりもはるかに良いものを出してくれたので、それはすごく嬉しかったです。 ーーDメロは、後半のウィスパーっぽい歌声で浮遊感のある感じになるところですね。 渡辺 はい。この曲は郷愁感やサウンドも大事だけど、懐かしい気持ちを思い出させるには声の成分もすごく大切な要因です。そこが上手く表現できたらいいなと思ってレコーディングに臨んだんですけど、sanaちゃんは正解以上にさらにいいものを足してくれました。 sana そう言ってもらえて、すごく安心しました。事前に用意していたものと翔さんのイメージがマッチしたので、「ああ、良かった~」って。 ーーそんな「青嵐のあとで」が流れるエンディングの映像では、御坂美琴や白井黒子などいつもの4人が、制服を交換したり指で星を作るシーンがあって。 渡辺 岸田教団&THE明星ロケッツの「nameless story」が映像とばっちり合っていたから、僕らの曲になるときはどんな映像になるのか、すごく楽しみにしていたんです。でもすごく良い映像になって嬉しいですね。本当に青春っていう感じで。 sana 星を作るところとか、すごく可愛い!  ーーまた第15話の挿入歌として流れた「ここにいたい」も、カップリングに収録しています。第15話の食蜂操祈と警策看取がドリーの”妹”と会うシーンで、この曲が流れたときは泣きました。 渡辺 ありがとうございます。この曲は僕が作詞作曲をしたんですけど、どのシーンで流れるか知らずに書いたんです。僕らの曲作りのやり方は最初に僕とキタニくんで曲を出し合うので、「青嵐のあとで」と同じタイミングで作っていて。エンディングテーマには「青嵐のあとで」が選ばれ、僕の曲も使われますということで、実際にそのシーンと照らし合わせたら歌詞の意味がすごく広がったなって感じました。 ーー歌詞は、ドリーの気持ちを書いたのかと思っていました。 渡辺 実はそうではなくて、学生世代全般が抱える悩みやその世代に共通した気持ちを書いているんです。これは原作の世界観にも共通して言えることで、学生の頃って誰でも自分の居場所を考えたりするじゃないですか。そこを描くことで、どのキャラクターにも当てはめてもらえるだろう、と。だからドリーの気持ちと重ねてもらってもいいし、食蜂や警策と重ねてもいいし。 sana 「翔さんすごい!」って思いました。学生世代の揺れ動く微妙な気持ちを絶妙に表現していて、最初に聴いたときはキュンときました。男の人なのに、何でこんなに女子中高生の気持ちがわかるんだろうって(笑)。曲が流れるシーンは、私もすごく泣けましたね。あのシーンの食蜂さんが好きだな~。 渡辺 食蜂さん、良いよね。普段は飄々としていると言うかクールにつとめていて、自分の目的以外はまったく意に介さないみたいなキャラクターだけど、あのシーンでは感情がポロッと出る。そこで一瞬見せたギャップにやられました。