Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

脅迫文「コロナで市民困ってる」爆破予告関市議

配信

岐阜新聞Web

 岐阜県関市上之保の市上之保事務所に爆破予告の脅迫文を送ったとして、威力業務妨害容疑で現職市議の太田博勝容疑者(67)が逮捕された事件で、5月7日に郵送で届いた脅迫文に「コロナで市民が困っている」などと書かれていたことが30日、市役所などへの取材で分かった。5月1日に市役所本庁舎であった爆発物騒ぎの脅迫文と似た内容で、県警は慎重に関連を調べている。  市役所などによると、A4判1枚に記された脅迫文には、続けて「市役所での爆発騒ぎがあった。上之保でも同じことが起こる」との内容が書かれていた。一般的に平仮名で表記する文字が片仮名で書かれた部分もあった。封筒には関郵便局の消印が押されていた。  市では7日午後0時40分ごろ、同事務所職員が郵便局員から封筒を受け取り、中身を確認。1時ごろに本庁の危機管理課に相談したが、閉庁などの措置は取らず、職員が3時ごろから関署員を含めて安全確認に当たった。県警は30日、威力業務妨害容疑で太田容疑者を岐阜地検に送検した。

岐阜新聞社

【関連記事】