Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

使いみち多数!空になった「ジャムの瓶」の便利な再利用アイディア集

配信

kufura

使い終わったジャムの瓶は、その後どうしていますか? 再利用という使い方が見直されている昨今、本来であれば捨てていたものをいかに利用するかという視点が求められるようになっています。 そこで『kufura』では女性451名を対象に“使い終わったジャムの瓶の再利用アイディア”を調査しました。今回はジャム瓶以外にも、パスタソースの瓶、鮭フレークの瓶、岩のりの瓶といった様々な食品のガラス瓶も含めて伺いました。

ニオイ・色移りなし!「食材・調味料入れ」

「オリーブオイルを入れてニンニクや鷹の爪を漬けている。小さいタイプは調味料入れに便利。自家製なめたけを入れるのにサイズがいい。ふたがあるのが良い。瓶は素材として何を入れても変質しないしフォルムがかわいいので気に入っている。洗ってもタッパーの油汚れのような落ちづらさがない」(51歳/主婦) 「梅干しを入れたり、手作りドレッシングを入れる。密閉されているから。ふたを閉めてドレッシングを振ると混ざるから。大きさがちょうど良いから」(49歳/主婦) 「自家製のジャムを詰める。作りおきのソース等をいれる。蓋が密閉できるので、ちょっとだけ安心。また、熱湯消毒可能な所が良い」(35歳/学生・フリーター) 「自分で作ったジャムを入れたりする。プラの入れ物より臭いや色が付きにくい」(54歳/主婦) 「自家製にんにく醤油を入れている。にんにく醤油のような臭いの強い物を入れても瓶だと臭いがつかないし蓋が密閉されてよいです」(53歳/主婦) 「自家製ピクルスを漬け込んだり、手料理を作った時のおすそ分け用にしています。丈夫だし、透明なビンだと、中身が見えて綺麗&様子見にちょうどいいから」(57歳/その他) 「自家製ドレッシングを入れる。自家製であまりもたないのですぐに使ってしまうから、ジャムの瓶だとそれほど大きくないので保存しやすい」(48歳/金融関係) 「自家製のソースや佃煮を入れて保存している。特にジャムの瓶は、冷蔵庫に収めるにも大きさが丁度良いので」(53歳/会社経営・役員) 「キャンディー入れや、自家製ジャム、作り置きソースなどの入れ物にしています。可愛い空き瓶だったので、捨てるのがもったいなかったのと、インテリアにも使えそうだったからです」(46歳/その他) もともと食品が入っていた瓶ですから、きれいに洗って新たに食材や調味料を入れるという方が多数を占めました。中身がクリアに見え、ニオイや色移りを気にすることなく使えるのは、瓶ならではのメリットでしょう。サイズによっては、冷蔵庫のドアポケットにちょうどいいといった意見も。

【関連記事】

最終更新:
kufura