Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ポーラ社長・及川美紀】最年長80歳ともZoom会議。年齢や部門によって難しいは思い込み

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

コロナショックによる「在宅勤務」へのシフト。改めて働き方が大きく問われ、議論になっている。会社と個人の関係やマネジメントスタイル、そして評価制度まで。各企業の経営・マネージメント層に取材し、在宅シフトで新たに気づいたこと、今後の経営課題を聞く。 【全画像をみる】【ポーラ社長・及川美紀】最年長80歳ともZoom会議。年齢や部門によって難しいは思い込み 3回目は、化粧品メーカーのポーラ・及川美紀社長。50代以上の中高年は、ITアレルギーが強く、リモートワークの“抵抗勢力”とよく言われる。しかし、同社は70代、80代の販売現場のショップオーナーらともオンラインで絆を深め、コロナ禍をともに乗り越えようとしている。 ポーラでは、3月末から在宅勤務を推奨しました。4月の緊急事態宣言からはもう一段階厳しく、感染拡大の程度に合わせて、首都圏は9割減10%出社、地方の事業所は8割減20%出社に。 ただし、コールセンターとEC事業は受発注の業務があり、経理の一部も出なくてはいけない場合があるので、三密を避けて時差通勤という体制です。 その他の部門では、管理職は情報のハブなので輪番で出勤し、管理職以外は完全在宅。取締役も3人のうち誰かは輪番で出社。経営会議もオンラインでやりますが、会社の守秘義務に関する話題がある時など、どうしても家からでは難しい時もあり、私も週に2日ほど出社しています。

オンラインでリアルを上回る効果も

エステ事業はまだ全面的に中止しており、実店舗は閉めているところが多いですが、各都道府県の指示に従うことを原則に、限られた範囲で継続しているところもあります。衛生管理の徹底と時短営業でお客様とのコミケショーンも何とかやってくれています。 化粧品メーカーですから、販売の現場は“命”なんです 。お客様はもちろんショップオーナーの方々とのやりとりも、メールより電話、電話より直接会うというように、「現場に行ってなんぼ、相手の顔を見てなんぼ」。そういう文化が、私を含めて社員には根づいています。 でも、まさに案ずるより生むが易しですね。半ば強制的に在宅シフトせざるを得なかったわけですが、今、オンラインでのやりとりがリアルを上回る効果をあげている部分もあります。 ポーラは全国に販売店があり、店を経営する個人オーナーは私たちのビジネスパートナーです。先日、その中でも地域で複数の店舗を束ねるグランドオーナーと言われる方たちとオンライン会議をしたのですが、最年長者は80歳。 企業でリモートワークを導入する時、どうしても50代以上の社員のITアレルギーがネックになると言われますが、弊社のショップオーナーさんたちは、自分でタブレットや携帯から参加して、全く問題なくミーティングができました。 否応なくトップから始める、また、高齢者には年齢の近い人や周囲がファーストペンギンでやってみせる。「私も使えたよ」と言ってくれる人が身近にいると、いろいろとスムーズです。Zoomなどの最近のオンライン会議ソフトの使いやすさにも助けられ、オンラインで仕事ができる、できないに年齢は関係ないことが分かりました。

【関連記事】