Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロックダウンは私たちの美容観に何をもたらしたのか

配信

ELLE ONLINE

世界中でロックダウンが宣言され、人々の優先順位はこれまでとは違ったものへとシフト。店舗や美容サロンの休業を経て、メイクアップやスキンケア、そしてメンタルヘルスにどのような変化が訪れたのかをUK版「エル」が考察。 【写真】将来の私が感謝する、7つのスキンケア習慣

何年もの間、美容ビジネスは止まるとがないと思われていた。大企業は飽くことなくスタートアップ企業を買収し、ソーシャルメディアは美容に関連したお金を生むプラットフォームとなり、産業によって生み出されたプラスチック廃棄物はあふれるほど山積みにされている。 しかし、業界内の人たちにとって、美容の景色は変わり始めている。2018年、消費者たちの“消費も廃棄も少なく”というメンタリティが加速することで“美容製品のダイエット”が行われ、英国の美容業界は成長の鈍化をついに経験した。 そして2020年、コロナウイルスの問題が起こり、最先端の新興ブランドらは打撃を受けた。そして私たちの美容に対する姿勢を劇的に、そしておそらく永久に変化させた。もちろんそれは、将来良い方向に向かわせてくれるというポジティブな意味で、だ。

ロックダウンが続くほど人間の思考と習慣は進化する

一部のブランドが打撃を受けるなか、オンラインビジネスは急成長した。美容関係のECサイト「lookfantastic」は、ロックダウン後に消費者の登録者数が200%増加した。むしろ、パニックに近いほどに。 「新型コロナウイルスの第一波をきっかけに、基本へ戻ることをフォーカスする人が増えましたね。石けんやハンドウオッシュのようなカテゴリーは急成長しました」と語るのは、ECサイト「カルトビュ-ティ」の共同創設者アレクシア・インジ。 このサイトも、リラックスを促す製品やストレスケアのアイテムが伸び、前年比317%と急成長したことは驚きではないはず。 また、ロックダウンが長引くことで私たちの物の考え方も進化し、優先順位が入れ替わった。そして、習慣は別の物へと変化した。ヘアカラーにマスク、そしてビタミンCサプリ。なお、ビタミンCの売上は免疫力アップへの関心の高まりによって550%と爆発的に成長したのだ。

【関連記事】