Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「夫といると具合が悪くて」妻が激白。更年期障害と思いきや…

配信

幻冬舎ゴールドオンライン

定年を迎えれば、夫婦水入らずの時間が増えます。長年寄り添った相手だから心穏やかに過ごせるかと思いきや、実際には「心が休まるのは配偶者がいないといだけ」という妻や夫が珍しくありません。なかには、配偶者が近くにいるだけで具合が悪くなるというほど深刻な状態にある人も…。※本連載は、脳科学・心の問題の専門家である高田明和氏の著書『定年を病にしない』(ウェッジ)より一部を抜粋し、定年をきっかけとする深刻な問題を抱えた人々の事例をもとに、第二の人生を明るく歩むための「定年後の自分を育てる」ヒントを紹介します。

モラハラ夫になじられ、家政婦のようにこき使われる妻

【事例1】 信用金庫の融資部長を務めていた武志(60歳)は、妻に対して常に上から目線だった。まじめで几帳面ということもあって、「おまえはだらしがない」「育ちが悪い」といったモラハラ発言も多かった。気の弱い妻が反論することはなかったが、それでも定年するまでは武志の帰りが遅かったため、なんとかなっていた。 ところが定年後、武志が朝からずっとリビングにいたので、妻の気持ちは休まらなかった。昼ごはんもきちんとしたものをつくるよう命令し、味だけでなく食材にお金がかかっても怒られたため、これまでひとりで昼食をすませていた妻のストレスは大きかった。武志が定年退職してから妻の体調は悪く、ずっと更年期障害が続いていた。それでも、武志が長時間外出しているときだけは、いくらか体調がよかった。

頭痛、腹痛、動悸、ほてり…体調不良の原因は「夫」

夫源病とは、夫の何気ない言動に対する不満や、夫の存在そのものが強いストレスとなって溜まり、妻の心身にさまざまな症状を引き起こす病気のことです。医学的な病名ではなく、よく似た症状に主人在宅ストレス症候群があります。大阪樟蔭女子大学の石蔵文信教授が、男性更年期外来で中高年の夫婦の患者を診察するなかで気づき、命名しました。 40~60代に起こりやすい不定愁訴である更年期障害にも似ているため、更年期障害と診断されてきた中年女性の多くが、本当は夫が原因ではないかとの見方もあります。そのため夫源病は夫を持つ女性なら、だれもがかかる可能性があるといえます。 とくに夫が家事をしない、子育てに文句をいう、モラハラ的な発言が多いなどの問題がある妻は注意が必要といわれています。主な症状として考えられているのは、次のとおりです。 自律神経やホルモンのバランスを崩すことによる、めまい、動悸、頭痛、不眠、本態性高血圧症(原因が特定できない高血圧)、突発性頭痛、突発性難聴、メニエール病(めまい、耳鳴り、難聴を伴う原因不明の病気)の疑い、うつ病 これらの病気と診断され、通常の治療を続けてもなかなか症状が改善されない場合は、夫源病の疑いがあるとされています。具体的には、次のようなケースが報告されています。 ●夫がいないときは症状が出ず、夫の帰宅時間になると、腹痛や頭痛、動悸などが起こる ●夫が家にいる週末は頭痛で、平日は夕方になるとイライラする ●夫の身勝手な発言を聞くと、顔がのぼせたりほてったりする これらの症状がいくつか当てはまることから、武志さんの奥さんは夫源病の可能性が高いといってもいいでしょう。

【関連記事】