Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セ・リーグ6球団 「先発投手」事情は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

読売ジャイアンツ

 開幕から先発ローテーションを守っているのは、菅野智之、C.C.メルセデス、戸郷翔征の3人のみ。菅野は無傷の7連勝中と完全復活を遂げ、高卒プロ2年目・戸郷の5勝は期待以上の働きか。開幕時点ではこれにA.サンチェス、田口麗斗、桜井俊貴の6人で先発ローテを組んだが、現在はサンチェスが右肩違和感で、桜井は安定感に欠き、二軍調整中。田口は約1カ月の二軍暮らしから戻るも、以降1勝2敗とまだ本来のデキではない。現在は5番手に畠世周が抜擢も、信頼を勝ち得たとはいえず、6番手に至っては、オープナーでまかなうことも。連覇と日本一奪回のためにも今後は固定、日替わり問わず、5、6番手の働きが課題となる。

横浜DeNAベイスターズ

 開幕投手の今永昇太を筆頭に、今季は5連勝中の大貫晋一、開幕から8試合連続QSの平良拳太郎が先発ローテをしっかりと支えてきた。ここにベテランの井納翔一、4年目の濱口遥大が加わり、リーグでもトップクラスの安定感を誇っていた。しかし、順調に見えた先発陣にここ1週間で暗雲が立ち込めた。井納、濱口が立て続けにKOされると、今永、平良も大量失点で負け投手に。さらに、8月16日にはエースの今永が左肩違和感のために抹消される事態に陥った。ラミレス監督は今永の二軍落ちを「軽傷」と強調するが、チームには大きな痛手だ。今永の代わりには、助っ人右腕のピープルズが一軍再昇格する見込みだ。

阪神タイガース

 頭数だけならほかの球団がうらやむくらいだ。現在は西勇輝、青柳晃洋、秋山拓巳、ガルシア、高橋遥人、藤浪晋太郎の6人できっちり回っている。もともとの構想ではここにガンケルが入る予定だったが、現在は中継ぎへ。また、当初先発ローテーションに入っていた岩貞祐太も中継ぎに配置転換となった。誤算はガルシアか。開幕から先発8試合目にしてようやく初勝利。また6番手がなかなか勝てない。開幕当初は中田賢一が務めたが1勝もできず、また藤浪も4連敗。この2枚が勝ち初めるとチームは上昇気流に乗るはずだ。ここまでの勝ち頭は青柳の5勝で投球内容も安定している。また完全復活を目指す秋山も4勝(1敗)と貢献している。ただ、エース・西勇が、3勝3敗というのは寂しい。

【関連記事】