Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「健康×ゲーム」の新展開。コロナ時代にeスポーツが加速する

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

“後進国”の日本でeスポーツが急激に進化

東京オリンピックの新種目とされたeスポーツ。世界的に見て、残念ながら日本は後進国の部類に入るが、アメリカではすでに、国がeスポーツを「スポーツ」として認めており、プロゲーマーがスポーツ選手であることは社会的にも認められている。 また、韓国や中国でもeスポーツが非常に発展しており、市場規模も日本とは桁違いだ。 だがこのeスポーツが、コロナ禍において日本でも大きく注目を集め始めている。

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE(レイジ)」は、2020年3月、「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」を実施。これは東京・渋谷のイベント会場で行われた無観客のeスポーツ大会を配信したもので、のべ1万人超もの人がスマートフォンやパソコンで視聴した。 開催されたのは、サイバーエージェント傘下のCygames(サイゲームス)が運営する対戦型オンライントレーディングカードゲーム『Shadowverse』の大会の決勝トーナメント。 通常は観客が観戦するなかでのリアルイベントと、ゲームに特化した動画配信サイト「OPENREC.tv」でのライブ配信を行っているが、今回はコロナ禍であることを考慮し、無観客試合のみに設定。試合の模様はOPENREC.tvと、eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」で配信した。 バーチャルでのRAGEは今回が初めてだったが、参加者からのコメントやSNSでの反応を見ると、ゲームの展開や選手の表情はOPENREC.tvで確認する一方、V-RAGEで会場やイベント自体の雰囲気を楽しむユーザーが多かったことがうかがえる。 主催者側は、今後はV-RAGEならではの特徴を生かしたイベントにすべく、さらに機能を強化していきたいと意欲的だ。

錦織圭、八村塁、大坂なおみもeスポーツに参戦

さらにコロナ禍を受けて、現在ではプロスポーツ選手がeスポーツに参戦する動きも目立っている。 アメリカのプロバスケットボールNBAでは、ワシントン・ウィザーズの八村塁ら各選手が参加して、4月にバスケットボールゲーム「NBA 2K20」を使った「NBA 2Kプレイヤートーナメント」を開催。 ブルックリン・ネッツのケビン・デュラント選手、アトランタ・ホークスのトレイ・ヤング選手を含む、現役NBA選手16名が、Xbox One版「NBA 2K20」上で対決した。 新型コロナウイルスによる被害救済のための10万ドルの寄付先を優勝選手が決定するという内容で、地上波のスポーツ番組などでも広く取り上げられ注目を集めた。 また、4月末には錦織圭選手らプロテニスプレーヤーが参加したオンライントーナメント「マドリードオープンテニス バーチャルプロ」が開催。 これは5月の開催が中止されたマドリード・オープンの主催者が代替大会として開催したものであり、テニスゲーム「テニス ワールド ツアー」が使用された。 5月には、セレナとビーナスのウイリアムズ姉妹、大坂なおみ選手、錦織圭選手、マリア・シャラポワ選手を含む8人のトップテニスに加え、ミュージシャンのスティーヴ・アオキ、モデルのヘイリー・ビーバーらも参加したチャリティー大会「ステイアットホーム・スラム」を実施。 この大会はNintendo Switch用テニスゲームの「マリオテニス エース」を使用し、参加者はそれぞれ自宅からプレーした。 参加者はそれぞれが指定した慈善団体に2万5000ドルを寄付し、優勝者にはさらに100万ドルが寄付のために送られるという仕組み。 賞金のすべてが新型コロナウイルス感染症対策のための基金に寄付されるという趣旨は、社会的にも非常に高く評価され、そうした試合がゲームを通して行われたことにより、改めてゲームの価値が見直される結果となった。

【関連記事】