Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

違反操業の再発防止策など検討 記録的不漁のサクラエビ漁で

配信

静岡朝日テレビ

 記録的な不漁となった今年のサクラエビ春漁。きのう30日、漁業関係者と専門家が集まり、今後の方針を話し合いました。  会議は冒頭のみ公開され、資源回復のために設定していた禁漁区で、一部の船が操業を行ったことを、静岡県桜えび漁業組合の実石正則組合長が謝罪しました。違反操業の再発防止策として、規制内容を全乗組員に周知徹底することや監視船を配備するなどが話し合われました。  サクラエビの春漁は天候不順や水温低下の影響もあり、今年、水揚げされたサクラエビの量は25.9トンと過去最低でした。