Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「彼女、お借りします」唯一の“リアル彼女”原作者が語る七海麻美「生々しい」「彼女がいるからできることが増えた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「レンタル彼女」を題材にした漫画原作のアニメ「彼女、お借りします」が7月の放送開始から注目を集めている。パッとしない大学生・木ノ下和也が、フラれたことをきっかけにレンタル彼女を利用、そこから見た目も素振りもパーフェクトの水原千鶴と出会うことから、ストーリーが展開する。この和也をフッたのが七海麻美だ。作中、多くの女性キャラクターが出てくるが、和也にとって唯一の“リアル彼女”である麻美の存在は、作品の幅を大きく広げたという。原作者・宮島礼吏氏に、その理由を聞いた。 【画像】彼女、お借りします キャラ画像集  交際期間、わずか1カ月。描かれているのは、付き合っている最中に手を握ったこと、キスを1回したぐらい。なのに「他に好きな人ができたから」と笑顔で別れを告げる。そんな麻美だが、和也と同じ大学に通うことから、別れた後も度々顔を合わせると、自分から別れた割には何かと思わせぶりな態度、さらにはダークな感情を表に出すこともある。宮島氏によれば「一人だけサスペンス」という存在だ。

 宮島礼吏氏(以下、宮島氏)  麻美は生々しいんですよね。でも、彼女がいることによって、他の女性全員の存在感を増してくれていると思うんです。他の3人にもリアリティが出るというか。  パーフェクトな「レンタル彼女」を演じる千鶴、一直線でロマンチストでもある美少女・更科瑠夏、極度の人見知りながらかわいらしさ満点の桜沢墨。麻美も3人に負けないルックスの持ち主で、和也の友達も「高嶺の花」という人物だが、綺麗事だけでは済まない部分を見せるあたりが、実に人間くさい。  宮島氏  実際に一番いそうな子。この子がいることで、作品としてのキャラクターの幅が一気に広がりました。千鶴と麻美の間に、いったい何人の女性がいるんだろうと。この子がいることで、できることがめちゃめちゃ増えています。  キラキラと笑ってみせたかと思えば、和也が連れてきた千鶴に粘着質な質問をぶつけ、限定公開のSNSで悪態をつく。かと思えば、和也に気があるようなことも言う。人間にある表と裏の部分を、麻美一人で十分に表現しているようなものだ。1カ月であっても、和也と交際した“リアル彼女”だが、宮島氏によれば実は一番“レンタル彼女”に向いているのではないかともいう。

【関連記事】