Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

専門家が教えてくれた『腰痛に効果的な寝方』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

眠れば体が休まるはずなのに、起きると体が凝っている。なぜだろう? 米モンテフィオーレ脊椎センター長のアンドリュー・ギトキン医学博士によると、これは8時間、同じ姿勢で寝ていたからという。米国特別外科病院の物理療法・リハビリ科に所属する公認理学療法士、ジェニファー・L・ソロモン医学博士は、だからこそ腰痛を悪化させない姿勢で眠ることが重要と提唱している。米国立衛生研究所によると、成人の8割は生涯で一度は腰痛を経験するという結果がでている。今は腰痛がない人も油断は禁物だろう。今回は皆に実践してほしい、腰痛に効果的な寝方をご紹介! 【写真】体の「痛い箇所」別。症状から探す、睡眠の質が上がる最適な枕&寝姿勢

腰痛持ちさんにおすすめの寝姿勢

ギトキン博士によると、大事なのは脊椎を自然な位置にキープすること。そのためには、股関節と骨盤に対する背中の位置を考慮してみて。あおむけか横向きで適切な場所に枕を置けば、背骨が変に曲がらない。「あおむけでヒザの下に枕を置くか、横向きでヒザの間に枕を挟むのがベストですね」とソロモン博士。枕はサポート力の高いものを。

腰痛持ちさんにおすすめしない寝姿勢

寝ている間にうつぶせになる人は、胸にテニスボールを貼り付けてみて。本当に効果的なので試してみよう。なぜならうつぶせになると「あまりにも寝心地が悪いので、上を向かずにはいられません。あとは、枕をひざの下にいれると腰痛に効きます」とソロモン博士。腰にやさしい寝姿勢を身に付ける上でも有効なテクニックといえる。

マットレスも見直してみよう!

正しい姿勢で寝ているのに起きると腰が痛いのは、マットレスのせいかもしれない。高品質のマットレスは10年くらい使えるけれど、よく眠れないと思っている人は多いのでは? 米国立睡眠財団は、5年くらいで買い換えることをおすすめしている。米アリゾナ大学医学部の睡眠・健康研究プログラムディレクター、マイケル・グランドナー博士によると、慢性痛にはサポート力のある硬めのマットレスが効果的という。また、そのベッドが自分に合っているかいないかは1~2週間寝てみないと分からないので、そのあとでも返品できるマットレスを買うのがベスト。 ※この記事は、アメリカ版『Prevention』から翻訳されました。

【関連記事】